ドクターズガイド

サイト全体から

蝶名林直彦 (ちょうなばやしなおひこ)

蝶名林直彦 (ちょうなばやしなおひこ) 医師

聖カタリナ病院(東京都)  院長  呼吸器内科

医師の紹介

蝶名林直彦医師は、呼吸器疾患全般を診るが診療の機会が多いのは肺炎やCOPDである。重症度の高い慢性呼吸器疾患に適応となる在宅酸素療法(HOT)や非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)にも専門的に取り組むほか、呼吸リハビリテーションや患者教育にも力を注いでいる。...
続きを読む→
千田勝一 (ちだしょういち)

千田勝一 (ちだしょういち) 医師

公益財団法人 岩手県予防医学協会    小児科・内科

医師の紹介

千田勝一医師が2017年3月まで診療部長を務めていた岩手医科大学附属病院小児科の新生児集中治療室(NICU)は、2001年からは総合周産期母子医療センターの指定を受けており、岩手県に住所地をもつ実に90%、年間80名の極低出生体重児(1,500g未満)が運び込まれる。同NICUは、早産の新生児に多く見られる呼吸窮迫症候群に有効な肺サーファクタント補充療法や、新生児呼吸循環管理を得意とする。岩手医科...
続きを読む→
千葉 茂 (ちばしげる)

千葉 茂 (ちばしげる) 医師

旭川医科大学病院(北海道)    精神科神経科

医師の紹介

日本睡眠学会認定医として、100種類近い睡眠障害を正確に診断。内科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科との連携診療の中で、どの診療科で治療すべきかを見極める、包括的な役割を担っている。とくに、注目されるのは、「睡眠クリニック」専用のビデオ・ポリソムノグラフィ専用病床の個室2床(精神・行動・生体現象モニタリングシステム)を用いた検査や治療評価。一方、てんかん、せん妄、老年期精神障害など、高次脳機能障害...
続きを読む→
中馬秀樹 (ちゅうまんひでき)

中馬秀樹 (ちゅうまんひでき) 医師

宮崎大学医学部附属病院(宮崎県)    眼科

医師の紹介

宮崎大学医学部附属病院眼科は、眼科領域の各疾患に対して高度かつ特徴的な医療を掲げ、治療成績の向上に努めており、中馬秀樹医師は神経眼科・小児眼科・緑内障分野の専門家として治療にあたっている。日本神経眼科学会の眼瞼けいれん診療ガイドライン委員会のメンバーも務め、2011年度の同ガイドラインの策定に参加。これは、関係者の同疾患への理解を深め、患者の掘り起こし及び治療促進を目的とする。中馬医師は2012年...
続きを読む→
帖佐悦男 (ちょうさえつお)

帖佐悦男 (ちょうさえつお) 医師

宮崎大学医学部附属病院(宮崎県)  副病院長  整形外科、リハビリテーション部

医師の紹介

帖佐悦男医師は、関節外科からスポーツ傷害(外傷・障害)、骨粗鬆症まで幅広い臨床経験と知識に裏付けされた確かな診断と治療により、高い実績を持つ整形外科の名医で、下肢の中でも股関節手術(骨切り術や人工関節置換術)を専門とする。ロコモティブシンドロームに熱心に取り組み、寝たきりを防止し健康寿命を延ばすロコモ予防体操(ロコモーショントレーニング・ロコトレ)の普及を行う。スポーツランド宮崎を医療の面から支え...
続きを読む→
茶山一彰 (ちゃやまかずあき)

茶山一彰 (ちゃやまかずあき) 医師

広島大学病院(広島県)    消化器・代謝内科

医師の紹介

ウィルス性肝炎治療のスペシャリストである。中でも難治性B型肝炎・C型肝炎の先進的治療に意欲的に取り組んでいる。C型肝炎ウィルスのタイプを研究し、インターフェロン導入治療を積極的に行ってきた。さらに新たなウィルス受容体を発見するなど新しい治療法や新薬の開発につながる研究に大きな業績がある。広島大学病院に開設された肝疾患相談室では無料の血液検査やウィルス性肝炎患者の医療相談も行っている。疾患だけを診る...
続きを読む→
茶木 修 (ちゃきおさむ)

茶木 修 (ちゃきおさむ) 医師

労働者健康福祉機構 横浜労災病院(神奈川県)    産婦人科・分娩部

医師の紹介

茶木修医師は、産婦人科医としての立場から女性の骨粗鬆症の治療や研究に力を入れており、更年期からの健康管理に関するアドバイスも含めた治療を行う。その際は、服用コンプライアンスも重要視している。また、診療における骨代謝マーカーの臨床意義・適正使用・利用上の課題などについても研究しており、マーカーは健康診断でも利用。患者の病態把握や治療効果判定に、効果的に活かしている。次々と登場するマーカーや薬剤に対し...
続きを読む→