ドクターズガイド

話題のキーワード

アルコール消毒液の作り方

「消毒液が売り切れで、手に入らない!!」

新型コロナウィルスの影響で、手や指を消毒するアイテムが続々と品切れ状態になっています。また、入荷してもアッという間に売り切れとなってしまいます。代用品になるようなものはないのでしょうか?

テレビやインターネットなどで、消毒用エタノールでも手の殺菌消毒ができる!と紹介されると、消毒用エタノールも品薄状態になってしまいました。今回は別の方法で「アルコール消毒液の作り方」をご紹介したいと思います。手指用の消毒液は、無水エタノールでも、作ることができます。今回を問わず、「腸管出血性大腸菌O(オー)157感染」など食中毒の時にも使えます。専用の消毒液がない時には、ぜひお役立てください。

無水エタノールとは、一般にエチルアルコールと呼ばれるアルコールの一種で、水拭きできない電子機器や電化製品の洗浄などに使われています。注意書きには、用途以外には使用しないでくださいと記載がありますが、希釈すれば消毒用エタノールになり、手指の消毒液として使えるとメーカーから情報を得ました。ちなみに「健栄製薬のサイト」に希釈方法が記されており、TVニュースなどでも紹介されていますので、こちらも品薄状態になる可能性もありますが~~

【材料】
無水エタノール:約1500円
精製水(水):約100円   (各500ml)
(値段は店舗やメーカーによって変わりますので、要確認)
両方とも、ドラッグストアや薬局、ネットショップになどで購入できます。 精製水がないときは代わりに、水道水やミネラルウォーターで薄めても作ることもできますが、水にはミネラルなどの不純物が混ざっていて劣化を早めてしまうそうです。もし、水で薄めた場合は、長期保存はせず早めに使いきるようにしましょう。

【作り方は、簡単】約100mlを作る場合は、無水エタノール80mlを入れ、精製水20mlを加えて混ぜ合わせます。(無水エタノールと水の割合は、おおよそ4:1)

※無水エタノールは水と混ざると収縮し体積が少し減少しますので、無水エタノール80mlに水20mlを加えても、100mlにならない場合、水を少し多めに入れ全体量を100mlに調整すると丁度いい濃度になります。ビーカーで作るもよし、目盛り付き容器などで混ぜ合わせてください。

ちなみに、無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの違いは、含有するエタノールの濃度が異なります。
・無水エタノール・・・・・・エタノール99.5vol%以上
・エタノール・・・・・・・・・・エタノール95.1~96.9vol%
・消毒用エタノール・・・・エタノール76.9~81.4vol%
エタノール濃度が80%前後のものが最も消毒効果が優れています。清掃などには無水エタノールが最も適したものになりますが、エタノール、消毒用エタノールでも十分汚れは落ちます。


(2020.03.18.)



感染症関連情報はこちら⇒

これまでの記事→