ドクターズガイド

話題のキーワード

ポール、ウイルス性炎症で国立公演中止

元ビートルズ:ポール・マッカートニー(71歳)が、17日に東京・国立競技場で予定 した日本公演を急病の為、延期した。直前まで回復を待ったが医師の判断も含め、 開演の1時間24分前に、延期と決定。

ウイルス性腸炎のような症状を引き起こし腹部などに違和感があり、落ちつかない状態が続いていたことから宿泊している都内ホテルに、複数の病院から数人の 医師を呼び診察を受けた。医師の診断では「急病ウイルス性炎症」とのこと。ポー ルは、空港からホテルに直行しその後は外出せず、翌16日に予定の前日リハーサ ルは欠席。この時点で既に体調を崩していたようだ。一夜明けても回復はみられず、その後もポールの体調は回復せず、結局、国立競技場の公演はすべて中止となった。

急病のウイルス性炎症とはどんな病気?感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)と思われる。ウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎のこと。「感染性胃腸炎」 は、これらウイルス性胃腸炎の総称でノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど。

(2014.05.19.)



これまでの記事→