ドクターズガイド

話題のキーワード

「人食いバクテリア」患者数最多

「人食いバクテリア」と呼ばれ、手足の壊死や意識障害を起こして死に至ることもある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者数が8月中旬で284人に、過去最多を更新した(国立感染症研究所)。今年8月16日時点で、東京45人、大阪28人、神奈川20人、千葉、兵庫両県各15人~の順に多かった。

死亡率が高く「人食いバクテリア」と呼ばれる劇症型の溶連菌感染症は1987年に米国で見つかり、日本では1992年に報告された。

生活習慣病などの持病がある高齢者は感染の危険性が高い。感染が疑われるような症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

主な原因の「A群溶血性レンサ球菌」は特別な細菌ではなく、子供の咽頭炎やとびひ、皮膚炎などを起こす細菌。感染者のくしゃみやせきを吸い込んだり、皮膚の傷口が細菌に触れたりして感染すると考えられている。通常は抗菌薬で治療ができる。症状がないまま喉などに保菌している子どももいる。
初期症状は、38度以上の発熱や手足の激しい痛み、腫れなどで進行は速く急激に悪化する。筋肉や筋膜を壊死させたり、血流に乗って全身に回り多臓器不全などを引き起こす。発症して数十時間以内にショック状態で死ぬこともある。60~70歳代の高齢者に多く傷や水虫から細菌が体に入るケースもあるので周囲の人も注意が必要。


(2015.08.26.)



これまでの記事→