ドクターズガイド

話題のキーワード

採血1回で13種類のがん発見へ

国立がん研究センターと新エネルギー・産業技術総合開発機構などが13種類のがんを1回の採血で発見できる、世界最先端の検査システムの開発に着手し2018年度末までに、健康診断などで簡単に検査できるように技術開発を目指すとのこと。がんや認知症など、国民の重大な疾患に対して、早期診断に役立つ。血液や唾液などに含まれる「マイクロRNA」という物質の種類や量が、がんにともなって変化することに着目し、1回の採血で乳がんや大腸がんなど13種類のがんや認知症の発見ができる。現在、使用している多くのがん検査は、ある程度進行したがんの状態にならないと発見が難しいとされているが、この開発が成功すれば、見逃されていた早い段階でのがん発見へとつながり早期治療が可能となる。

(2014.08.19.)



これまでの記事→