ドクターズガイド

話題のキーワード

妊娠中の女性の子宮頸がん摘出に成功

新潟大学医歯学総合病院は、妊娠中の女性2人から、胎児を母体に残したまま早期子宮頸がんの病巣を摘出することに成功したと発表。

2女性は胎児とともに健康で、それぞれ妊娠37週目に帝王切開で出産する予定。

執刀は新潟大学医歯学総合病院の榎本隆之教授。この手術は「広汎子宮頸部摘出術」と呼ばれ、妊娠中の成功は、2010年榎本教授が大阪大病院で実施して以来。世界では榎本教授による3例を含め10例目。普及には安全の確立が必要だが、患者の選択肢が広がることが期待される。

(2014.01.10.)


医師情報:榎本隆之医師
関連情報:婦人科がんの関連情報

これまでの記事→