ドクターズガイド

話題のキーワード

大杉漣さん急性心不全で死去

俳優:大杉漣さん(66歳)が21日に急死した。原因は急性心不全だった。出演中のドラマ収録後、共演者と夕食を共にしホテルの自室に戻ったところで腹痛を訴え、松重豊さんがタクシーで千葉県内の病院に連れて行ったが、容体は好転せず帰らぬ人となったとのこと。病院には他、共演者の光石研さん、田口トモロヲさん、遠藤憲一さんなどが駆け付けみとったと言う。

全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能が低下した状態を心不全と言いう。心臓のポンプ機能が急激に低下し血液循環が維持できない状態、血液が滞るうっ血状態が短時間に発症することを急性心不全と言う。

大杉さんの場合、心臓なのになぜ腹痛??。状況が良くわからないので何とも言えませんが、心臓を栄養とする冠動脈が詰まることなどで、心臓の筋肉が酸素や栄養不足により死んでしまうことが心不全だが、一般的には激しい胸痛を訴えることが多いのだが、まれに腹痛を訴える人もいるとのこと。


(2018.02.22.)



狭心症・心筋梗塞・心不全の関連情報はこちら⇒

これまでの記事→