ドクターズガイド

話題のキーワード

ジャガイモの毒素に注意

市立美座小学校(兵庫県宝塚市)で、ジャガイモを食べた5年生13人が体調不良を訴え救急搬送された。ジャガイモによる食中毒の可能性が高いとのこと。

農林水産省によると過去30年間でジャガイモによる食中毒の報告は700人以上と言う。食品安全政策課によると、ジャガイモには炭水化物などの栄養素のほか、天然毒素であるソラニンやチャコニンが含まれており、特に、芽や光が当たって緑色になった皮などに多く含まれる。ジャガイモは育てやすい為、学校や家庭菜園などで作られるケースも多く、収穫の際は未熟で小さなジャガイモは、毒素の濃度が高いので食べないほうがよい。また、加熱調理しても毒素は減らないという。 ジャガイモを育てる際は、光を当てず大きく熟してから収穫する。収穫後も涼しく通気性の良い真っ暗な場所に保管する。調理する際は芽やその周辺を取り除き、できるだけ皮をむく。苦みやえぐみのあるジャガイモは食べないなど注意が必要とのこと。


(2019.07.11.)



感染症関連情報はこちら⇒

これまでの記事→