ドクターズガイド

話題のキーワード

はしか感染拡大の恐れ

沖縄県で、はしか(麻疹)が猛威を振るっている。名護市では学級閉鎖となる中学校もあり旅行客のキャンセルも出始めているとのこと。4月23日現在70人となった。台湾からの旅行客が感染源で商業施設の従業員らにうつし、沖縄本島各地に広がったと見られる。愛知県内でも相次いで確認されている他、仙台では台北を往復した飛行機の客室乗務員がはしかに感染しているなど、今年は特に海外から訪れた人が感染源となっているケースが多く、人の行き来が増える大型連休を前に、厚生労働省が感染症予防を呼びかけている。

はしかはウイルス性の感染症で高熱や発疹が出る。感染力は強く患者と同じ空間にいただけでも感染する。感染が心配されるような人混みの多い場所はさけ、予防接種を勧めている。


(2018.04.24.)



感染症の関連情報はこちら⇒

これまでの記事→