ドクターズガイド

話題のキーワード

肥満症は世界に21億人

肥満症は世界に21億人いるとする推計を、国際研究チーム(米ワシントン大や東 大など)がまとめた。

1980年の約8億6千万人から大幅に増加、1990年代以降、世界的に体重増加の傾 向が強まり、現在は3人に1人が肥満か体重超過の状態にあるとの報告を英医学 誌ランセット電子版に発表。

世界保健機関(WHO)は2025年に肥満の増加を止める目標を掲げているが、国際研 究チームは、国際的な対策を講じないと難しいと警告する。肥満度をみる体格指 数BMI25を超える「太りすぎ(肥満)」の割合は、世界全体で成人男性37%、成人 女性38%に上った。1980年と比べると成人で28%増、20歳未満は47%増。開発途 上国で目立つ。BMI30を超えて治療が必要な「肥満症」は、米国・中国・インド ・ロシア・ブラジルなどの10カ国で世界全体の半数以上を占める。日本では、太りすぎ成人男性29%、成人女性18%、肥満症はそれぞれ5%、3%。

(2014.05.30.)



これまでの記事→