ドクターズガイド

話題のキーワード

世界初の作製 万能細胞「STAP(スタップ)細胞」

マウスの体細胞を酸性の溶液に浸して刺激を与えることで、あらゆる細胞に変化できる万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)が、世界で初めて作製することに成功した。国内外の研究者が驚きの声を上げている。万能細胞「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞(STAP細胞)」の研究を主導したのは、同センター研究ユニットリーダー、小保方(おぼかた)晴子さん(30歳)。女性研究者の活躍が難しいとされる日本にあって、異例の若さである。

細胞が刺激を受け、受精卵に近い状態に逆戻りする性質(初期化)があることを証明したのは世界で初めて。研究の中心となった同センターの小保方晴子(研究ユニットリーダー)によると、マウスのリンパ球を弱い酸性(pH5・7)の溶液に30分間入れた後、別の培養液に移すと、2日以内にリンパ球が本来の性質を失った。細胞の数は7日目に約5分の1に減り、残った細胞のうち3~5割が万能細胞特有の性質を示した。これらを別のマウスの受精卵に移植、体のあらゆる部分にSTAP細胞からできた体細胞が交じったマウスが誕生した。STAP細胞がさまざまな細胞に変化することが証明された。

今回、万能細胞の作製効率はiPS細胞より高く、作製期間もiPS細胞の2~3週間より短かい。リンパ球の他にも皮膚などの細胞でも成功したほか、細胞を細い管に通す、毒素をかける、など、色々なストレスを与えることでも初期化できた。動物の体は、元は全ての種類の細胞になる能力を持った1個の受精卵から始まる。一度、特定の細胞に変わると元に戻らないが、山中伸弥・京都大教授が細胞に4種類の遺伝子を入れて、初期化に成功しiPS細胞と名付けた。初期化は核移植(クローン技術)でも可能だが、今回の方法は、遺伝子の導入も核移植も必要としない。今後の課題はヒト細胞での作製。成功すれば、再生医療や創薬など幅広く応用できるほか、初期化のメカニズムの解明によって、体内で細胞を若返らせたり、免疫などの研究に役立つ可能性がある。



(2014.01.31.)

これまでの記事→