ドクターズガイド

正田純一 医師 (しょうだじゅんいち)

正田純一 (しょうだじゅんいち) 医師

筑波大学附属病院(茨城県)
消化器内科外来、肝臓生活習慣病外来、健康増進・未病予防外来、つくばスポーツ医学・健康科学センター 健康増進部門担当
教授

専門

肝疾患、胆道疾患、膵疾患、スポーツ医学、生活習慣病学、非アルコール性脂肪性肝疾患、腫瘍生物学、糖鎖医学

医師の紹介

近年の人間ドックでは肝機能異常を有する成人の頻度が急増している。の背景には脂肪肝の増加が大きく関わっている。脂肪肝はメタボリック症候群の肝における表現型である。最近、脂肪肝の発症には内臓脂肪の増加に加えて、骨格筋の減少や筋力の低下(サルコペニア)も注目されている。正田純一医師は、骨格筋量と内臓脂肪断面積の比率の低下が脂肪肝の発症と進展のリスクを増加させることを論文発表した。初回調査時に比率の低かった患者では、再調査時における脂肪肝の悪化(脂肪蓄積と肝線維化の増悪)も観察された。脂肪肝では栄養管理のみならず、骨格筋の増加や維持に向けた運動実践の実施が重要な課題である。

 筑波大学附属病院では「つくばスポーツ医学・健康科学センター」を設置し、脂肪肝患者のための運動指導を実施している。肥満治療に対するスポーツ医学を応用し、脂肪肝の予防・治療に関する運動療法プログラムを作成し、筋肉を鍛えることで、肝臓の機能をアップし、脂肪肝の改善を図っている。

 肝臓生活習慣病外来では、生活習慣病による肝疾患の治療の中心に運動療法をおき、効果的な改善を図るためのプログラムを研究・開発し、医学的エビデンスにもとづいた医療をおこなっている。

診療内容

 脂肪肝とは、飲み過ぎや食べ過ぎ・運動不足などにより、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積されフォアグラのような状態になったこと。進行すると、肝硬変や肝臓がんになる可能性もあり、さまざまな生活習慣病のリスクが高まることが明らかになってきた。
健康診断や人間ドックで脂肪肝と診断される人は、受診者の3割を占めると言う。脂肪肝と言うと、大量飲酒による「アルコール性脂肪肝」のイメージが強いのだが、最近ではお酒を飲まない人が脂肪肝となり、さらには肝硬変や肝がんになるケースも少なくないと言う。脂肪肝全体の半数以上がお酒を飲まない、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者で推定有病者数は1500~2000万人にも上る。NAFLDの主な原因は、メタボリックシンドローム、特に内臓肥満の蓄積だ。NAFLDをそのまま放置すると、約1~2割程の人に肝細胞の炎症が起こり線維化して、肝硬変や肝がんへと進行する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)となる。NASHになると5〜10年後には約3~4割程の人が肝硬変に進行すると言われている。将来的にはNASHから肝硬変や肝がんを発症する割合が増加していくと思われる。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われ自覚症状はほとんどないか、まれに倦怠感や右上腹部に不快感を覚える程度。身体がつらいと感じる自覚症状が現れたらNASHが進行し肝炎や肝硬変が発症している可能性も考えられる。定期健診や血液検査などで、肝機能の数値や血小板が少ないなどの異常が見つかった場合は、肝臓専門医による再検査を受けるようお勧めする。
最近の検査には、肝臓の硬さを評価する「エラストグラフィ」という新しい方法があり、痛みもなく服をめくり患部に当てて2分ほどで結果がわかる。何度も反復可能で、治療経過を追うこともでき2011年から保険適用となっている。まだ、導入している医療機関は少なく、大学病院や一部の肝臓専門施設に限られており事前に要確認しよう。

日常生活において、運動を含めた身体活動を行っていくことは、肥満、糖尿病、動脈硬化、脂肪肝などの生活習慣病や悪性腫瘍など多くの疾病を予防することができる。無理のない範囲で体を動かすよう心がけよう。

診療を受けるには

正田医師の外来は、月曜の午後、木曜、金曜の午前/午後は肝臓病相談を行っている。

累積症例数または患者数

正田医師が担当してきた消化器内科外来、肝臓生活習慣病外来、健康増進・未病予防外来に通院されてこられた累積患者数は約2,000人。

年間症例数

正田医師が担当している消化器内科外来、肝臓生活習慣病外来、健康増進・未病予防外来に通院している年間患者数は約400人。

医師のプロフィール

経歴
1982年3月 筑波大学 医学専門学群 卒業
1986年3月 筑波大学大学院医学研究科 医学研究科 生化学 修了
1986年4月~1988年12月 筑波大学附属病院 医員
1989年1月~1989年3月 東海村立東海病院 内科 医師
1989年12月~1990年1月 医療法人社団相川会相川内科病院 内科 医師
1990年2月~1992年5月 スウエーデン王立カロリンスカ医科学研究所 生理生化学部門 客員研
1992年6月~1992年7月 医療法人尽誠会宮本病院 内科 医師
2004年4月~2008年6月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科(病態制御医学専攻) 講師
2009年7月~2012年6月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科(スポーツ医学専攻) 教授
2012年7月 筑波大学大医学医療系 医療科学 教授
所属学会・認定・資格

日本内科学会認定医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、日本胆道学会専門医

日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本胆道学会、日本体力医学会、日本臨床運動療法学会、日本リハビリテーション医学会、American Association for the Study of Liver Diseases、American Gastroenterological Association、European Association for the Study of the Liver、

受賞歴:国際肝臓病学会「SHEILA SHERLOCK PRIZE」、日本肝臓学会「HEPATOLOGY RESEARCH 賞」、富山大正アワード「肝臓フォーラム奨励賞」、臨床胆汁酸研究会「ウルソ賞」

主な著書(編集・共著含む)

【和文】
1.コレステロール胆石とウルソデオキシコール酸 胆と膵40:237-43, 2019.
2.NAFLD/NASHの運動療法 カレントテラピー 37:65-71, 2019.
3.医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス 肝疾患 pp. 126-131, 2019.
4.性差による臨床像の差違—胆石症 胆と膵39: 515-19, 2018.
5.胆石の形成機序 消化器疾患診断・治療指針 下瀬川 徹 編集 中山書店 pp.84-86, 2018.
6.胆石の形成機序 膵・胆道疾患診療の最前線 下瀬川 徹 編集 中山書店 pp.80-83, 2018.
7.胆石 肥満と消化器疾患 消化器疾患のための栄養療法の手引き 日本消化器病学会編集 pp.28-30, 2018.
8.日本胆道学会認定指導医養成講座 胆石の自然史 胆道 31:187-195, 2017.
9.肥満の治療 2. 運動療法の重要性 肥満と消化器疾患 痩せれば治るこんな病気 日本消化器病学会編集 pp.10-12, 2016.
10.胆嚢結石症,総胆管結石症(内科)今日の治療指針2017 山口 徹,北原光夫 総編集 医学書院(東京), pp. 37-39, 2016.
11.運動療法 肥満と消化器疾患 市民向けガイド 日本消化器病学会編集企画 金原出版(東京)pp.10-12, 2016.
12.肥満者の肝臓, 筋肉, インスリン抵抗性:運動効果 体力科学 64: 217-226, 2015.
13.消化器医が知っておくべき肥満治療の手引き-肥満はチーム医療で治す- 日本消化器病学会編集企画 金原出版(東京)pp. 51-66, 2014.
14.加速度トレーニングを含む減量介入が肥満者の健康・体力に及ぼす影響 臨床スポーツ医学 30:565-569, 2013.
15.肝疾患と分子スポーツ医学 疾病予防・健康増進のための分子スポーツ医学 医学のあゆみ 244:934-938, 2013.

【英文】
16.Progressive reduction in skeletal muscle mass to visceral fat area ratio is associated with a worsening of the hepatic conditions of non-alcoholic fatty liver disease. Diabetes Metab Syndr Obes 12:495–503, 2019.
17.Whole body vibration for patients with nonalcoholic fatty liver disese: a 6-month prospective study. Physiol Rep, 2019; 7:e14062.
18.Regular Exercise as a Secondary Practical Treatment for Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Exercise Medicine 2:4, 2018.
19.Exercise habitation is effective for improvement of periodontal disease status: a prospective intervention study. Ther Clin Risk Manag 14: 565-74, 2018.
20.Skeletal muscle mass to visceral fat area ratio is an important determinant affecting pathophysiology of NAFLD. J Gastroenterol 53:535-47, 2018.
21.Exercise training enhances in vivo clearance of endotoxin and attenuates inflammatory responses by potentiating Kupffer cell phagocytosis Sci Rep 7: 11977, 2017.
22.Sulforaphane, a nuclear factor (erythroid derived 2)-like 2 activator remarkably increases exercise endurance capability through redox-modulation of skeletal muscles in mice. Sci Rep 7: 12902, 2017.
23.High-Intensity Aerobic Exercise Improves Both Hepatic Fat Content and Stiffness in Sedentary Obese Men with Non-Alcoholic Fatty Liver Disease: A Randomized Controlled Study. Sci Rep 7:43029, 2017.
24.Inchinkoto and Jaundice. New Horizon of Herbal Medicines. Inui A, ed. Springer, pp.207-224, 2016.
25.Moderate to vigorous physical activity volume is an important factor for managing nonalcoholic fatty liver disease: a retrospective study. Hepatology 61:1205-15, 2015.
26.Abdominal obesity: causal factor or simply a symptom of obesity-related healyh risk. Diabetes, Metab Syn & Obesity 7:289-96, 2014.
27.Regular Exercise Coupled to Diet Regimen Accelerates Reduction of Hepatic Steatosis and Associated Pathological Conditions in Non-Alcoholic Fatty Liver Disease. Metab Syndr Related D 12:290-98, 2014.
28.Exercise training decreases elevated serum ferritin and lipid peroxidation marker levels in middle-aged obese men with non-alcoholic fatty liver disease. Med Sci Sports Exerc 45:2214-22, 2013.

予防に心がけたいこと

総カロリー、炭水化物,脂肪を抑えながら、生活活動量や有酸素運動を主体に運動量を増やし体重を減らすこと。たとえ十分に体重が減らなくとも、運動を継続することで脂肪肝は改善する。

費用のめやす

初診時にかかる費用は5,000~10,000円程度

発信メディア(ホームページ、ブログ、Twitter、facebook等)

注目の研究(体重が減らなくても運動で肝脂肪が減る):
つくばスポーツ医学・健康科学センター: