ドクターズガイド

松本美富士 医師 (まつもとよしふじ)

松本美富士 (まつもとよしふじ) 医師

地方独立行政法人桑名市総合医療センター(三重県)
膠原病リウマチ内科
顧問

専門

リウマチ性疾患、膠原病、筋痛性脳脊髄膜炎/慢性疲労症候群、線維筋痛症

医師の紹介

松本美富士医師はリウマチ内科医として豊富な経験を持ち、膠原病、リウマチ性疾患、及び筋痛性脳脊髄膜炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とその関連疾患の線維筋痛症(FM)等のスペシャリスト。なかでも、専門医が少なく診断が難しいME/CFSや、全身の激しい慢性疼痛を訴えるFMに対しては、長い間、診療と研究に力を注いできた。専門学会の理事を歴任、2011年度2011~2016には、厚生労働省のME/CFSに関する研究分担者、FMの研究班の研究代表者も務めており、ME/CFSやFMに関連した臨床研究を積極的に行っている。

診療内容

筋痛性脳脊髄炎慢性疲労症候群(ME/CFS)は、ある日原因不明の激しい疲労感に襲われ、微熱、頭痛、脱力感、抑うつ等の精神神経症状などが長期にわたって続き、QOL(生活の質)を著しく損なう疾患であり、診断が極めて難しい。2006年、日本疲労学会に慢性疲労症候群診断基準改定委員会(松本医師も構成メンバー)が発足。慢性的な疲労を訴える患者を診療する際の診断手順を示した診断指針を取りまとめ、慢性疲労症候群診断指針が発表された。
CFSに関しては、以下の前提I~IIIに従って6ヵ月以上持続する原因不明の全身倦怠感を訴える患者に対し、臨床症候を十分吟味検討し、判断する。前提I、II、IIIすべてを満たしたときに臨床症候からCFSと判断し、すべてを満たすわけではないが原因不明の疲労病態がある場合には、特発性慢性疲労(Idiopathic Chronic Fatigue:ICF)と診断して経過観察を行う。
前提I:1. 病歴、身体所見、臨床検査を精確に行い、慢性疲労を来たす疾患を除外する。2. A) 下記疾患に関しては、当該疾患が改善され、慢性疲労との因果関係が明確になるまで、CFSの診断を保留にして経過を十分観察する。1) 治療薬長期服用者(抗アレルギー剤、降圧剤、睡眠薬など)、2) 肥満(BMI>40)、B)下記の疾患については併存疾患として取り扱う。1)気分障害(双極性障害、精神病性うつ病を除く)、身体表現性障害、不安障害、2)線維筋痛症。
前提II:以上の検索によっても慢性疲労の原因が不明で、しかも下記の4項目を満たす。1) この全身倦怠感は新しく発症したものであり、急激に始まった、2) 十分な休養を取っても回復しない、3)現在行っている仕事や生活習慣のせいではない、4) 日常の生活活動が、発症前に比べて50%以下となっている、あるいは疲労感のため、月に数日は社会生活や仕事ができず休んでいる。
前提III:以下の自覚症状と他覚的所見10項目のうち5項目以上を認めるとき。1) 労作後疲労感(労作後休んでも24時間以上続く)、2) 筋肉痛、3) 多発性関節痛、腫脹はない、4) 頭痛、5) 咽頭痛、6) 睡眠障害(不眠、過眠、睡眠相遅延)、7) 思考力・集中力低下。以下の他覚的所見は、医師が少なくとも1ヵ月以上の間隔をおいて2回認めること。8) 微熱、9) 頚部リンパ節腫脹(明らかに病的腫脹と考えられる場合)、10) 低下。
一方、CFSの関連疾患であるFMは上記CFSの特徴のなかで、全身の慢性疼痛(3ヵ月以上にわたる)が前面に現れた状態であり、しばしば身体の各所に圧迫により痛みを自覚したり、触るだけで強い痛み(アロディニア)を感じるたりすることがある。

慢性疲労症候群の治療では、原因不明のため根治療法はなく、EBM(根拠に基づく医療)による治療は困難である。一般には対症療法的に薬物療法や薬物によらない治療、生活指導に力点が置かれている。薬物療法では基礎療法として、大量のビタミンC、活性型ビタミンB12の投与を実施。また、抑うつ気分や不安感、焦りなど精神症状が見られる場合は、少量の抗うつ薬が処方される。抗うつ薬のなかで3環系抗うつ薬は、その副作用から新規型抗うつ薬(SSRI、SNRI、 NASA)を使用。漢方製剤もしばしば使われ、漢方医学的診断(証)に基づいて、患者ごとに処方は異なる。サプリメントでは還元型コエンザイムQ10の2~3倍量の使用やカルニチン製剤が使われるが、有効性に関する客観的な成績はない。
非薬物療法では認知行動療法(CBT)が有効との報告があるが、わが国では多くの精神科医がME/CFSを診ないこと、臨床心理士が不足や保険診療上のCBTの評価が十分でないことなどから実施体制は乏しい。その他に鍼灸治療、和温(WAON)療法、絶食療法などの報告があるが、有効性について不明な部分が多い。
疾患に対する受容が基本であり、患者は強く病んでいることを家族、周囲は理解すべきであり、疲労感・倦怠感に見合ったライフスタイルを指導すべきである。

診療を受けるには

月曜の午後:筋痛性脳脊髄膜炎/慢性疲労症候群/線維筋痛症専門外来、水曜の午前:リウマチ専門外来、木曜の午前:初診(電話予約要)。紹介状持参、再診は予約制。

累積症例数または患者数

265例

年間症例数

67例

医師のプロフィール

経歴
1968年3月 名古屋市立大学 卒業
1972年 名古屋市立大学大学院修了
1972年 常滑市民病院内科
1974年 名古屋市立大学第二内科助手
1979年5月 名古屋市立大学第二内科講師
1981年1月 名古屋市立大学病院輸血部助教授
1998年7月 豊川市民病院副院長
2002年10月 山梨県立看護短期大学部教授
2006年2月 藤田保健衛生大学七栗サナトリウム内科教授
2012年4月 桑名市総合医療センター膠原病リウマチ内科顧問
所属学会・認定・資格

日本リウマチ学会功労会員・指導医・専門医、日本アレルギー学会功労会員、専門医、日本内科学会認定内科医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本臨床リウマチ学会名誉会員、日本疲労学会元監事、日本線維筋痛症学会元副理事長、日本痛風核酸代謝学会名誉会員・認定痛風医、日本輸血細胞治療学会特別会員、認定医

主な著書(編集・共著含む)

『線維筋痛症診療ガイドライン2017』(2017年 日本医事新報社)amazonでみる⇒
『ダイナミックメディシン 回帰性リウマチ、線維筋痛症候群、慢性疲労症候群』(2003年 西村書店)
『今日の医療指針2003、2007、2011、2017 慢性疲労症候群と線維筋痛症』(医学書院)

予防に心がけたいこと

CFSは原因不明であることから発症の予防法はないが、一般的検査で明らかな異常がなく、これまでに経験したことのない疲労・倦怠感を自覚するときは、その原因としてCFSの疑いがあるので、CFSの診療が可能な施設での評価を受けることが必要。早期の診断と適切な生活指導を受け、共生することで重症化を予防できる。

費用のめやす

公的保険で医療提供を実施。また、来院までにすでに複数の医療機関で精査しているため、同院では改めて一般的検査を実施しない。

発信メディア(ホームページ、ブログ、Twitter、facebook等)

日本疲労学会: 
日本線維筋痛症学会: 
NPO法人線維筋痛所友の会: