ドクターズガイド

山中 寿 医師 (やまなかひさし)

山中 寿 (やまなかひさし) 医師

医療法人財団順和会 山王メディカルセンター(東京都)
副院長 リウマチ・痛風・膠原病センター センター長
国際医療福祉大学医学部 膠原病リウマチ内科学教授
東京女子医科大学 客員教授

専門

内科学(特に代謝、免疫)、リウマチ学

医師の紹介

山中寿医師が務めていた東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターは、国内最大規模、世界でも有数の患者数を誇るリウマチ・痛風の専門医療機関である。膠原病、関節リウマチ、痛風の診療と、それと関連したリウマチ性疾患の診断、治療を総合的に行っている。山中医師は、センター設立当初から痛風やリウマチの診療・研究・教育にたずさわり、その牽引役としてリーダー的存在であった。2000年から取り組んでいる、RA患者を対象とした前向き調査であるIORRAの実績が評価され、2012年度日本リウマチ学会、学会賞を受賞。
現在は、山王メディカルセンター副院長、リウマチ・痛風・膠原病センター長として勤務し、豊富な経験をいかし治療を行っている。

診療内容

「関節リウマチは最も身近な難病ですが、治ることも期待できる時代になってきました」と山中医師は語る。依然原因不明ではあるものの、早期診断と適切な治療によって、関節リウマチは今や「治ることも期待できる病気」になったのだという。かつては「“慢性”関節リウマチ」だった病名も、2002年には日本リウマチ学会の提案で「慢性」が外された。
「慢性という言葉が患者さんに与える精神的重圧を軽減するのが目的の第1点。第2点は、治療方針や治療薬が改善され、慢性経過をたどらずに治癒に向かうことに期待を込めての変更です」(山中医師)
そして関節リウマチを「慢性」にしないためには、早期発見・早期治療が欠かせない。
病に冒され、関節の炎症が続くと、関節の破壊を引き起こし、関節の変形や強直(きょうちょく)をもたらし、その結果日常生活動作に制限を来たすようになる。関節の炎症が強い場合は、早くから関節破壊が進行するため、極力早期に診断し、適切な治療を開始することが重要なのだ。
関節を侵す病気はたくさんあるため、正しい診断には専門的な知識と技術が必要だ。さらに、治療は疾患と病態によって全く異なる。
「関節や筋肉などの痛みを来すリウマチ性疾患には多くの病気があります。特に初期では、まず、これらの疾患の中から正しい疾患の診断を行う必要があり、また、病態を把握する必要があります。正しい診断には専門的な知識と技術が必要です。さらに、治療は疾患と病態によって全く異なります。関節リウマチ治療法の第一選択は薬物治療と、リハビリテーション、および教育です」(山中医師)
薬物による副作用を最小限にするためには、定期的な受診と評価が重要だという。
「残念ながら、現時点では関節リウマチは完治する病気ではありません。私が考える関節リウマチ診療のゴールは、不幸にも発症した患者さんが幸せな一生を送れること、そして関節リウマチ診療に携わる医療者の使命は、上記の実現のために各々の専門的技術を生かしてサポートすること、です」(山中医師)。

現在、日本の関節リウマチ患者は70~100万人。30~50代の女性に好発する。従来は関節のみ侵す病気と認識されていたが、近年は内臓病変も含む全身性疾患と考えられるようになった。
月間外来患者数が1万1千人に達する日本最大のリウマチセンター。リウマチに関して言えば、約6千人のリウマチ患者が受診しており、日本のリウマチ患者全体の100人に1人をここで診ていることになるのだという。

関節リウマチについて 詳しくは【⇒ドクターズインタビューを読む⇒】

診療を受けるには

山中医師の外来は、月曜の午前・午後、火曜の午前・午後、水曜の午後、金曜の午前。

医師のプロフィール

経歴
1954年 滋賀県生まれ
1980年 三重大学医学部卒業、同大学第三内科入局
1983年 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター助手
1985~1988年 米国スクリプス・クリニック研究所研究員
1991年 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター講師
1997年 同センター助教授
2003年 同センター教授
2008年 同センター所長
2018年 東京女子医科大学医学部膠原病リウマチ内科学講座 教授・講座主任
2019年7月 医療法人財団順和会 山王メディカルセンター 副院長、リウマチ・痛風・膠原病センター長
所属学会・認定・資格

日本リウマチ学会評議員・日本痛風・尿酸核酸学会副理事長、2000年日本痛風・核酸代謝学会学会賞、2012年日本リウマチ学会賞

予防に心がけたいこと

リウマチと診断された方、関節リウマチが疑われる方は、禁煙を強く勧めます。

費用のめやす

保険診療