ドクターズガイド

奥平修三 医師 (おくだいらしゅうぞう)

奥平修三 (おくだいらしゅうぞう) 医師

京都大学医学部附属病院(京都府)
整形外科

専門

スポーツ整形外科、関節鏡手術(肩、膝、肘、足関節)、肩関節手術

医師の紹介

奥平修三医師はデビスカップを戦う日本男子テニスチームのチームドクターとして活躍するスポーツ整形外科のスペシャリスト。テニスでは国内外の試合に帯同し、選手が不安なく試合をできるようメディカルサポートをおこなっている。テニス以外にもバドミントン、卓球などのラケット競技、さらには陸上、野球、ソフトボール、バレーボールなどの選手も数多く奥平医師の治療を受けに訪れる。特に肩と膝の故障に対しての知識が広く、関節鏡を使った手術やリハビリで早期回復・復帰がかなった選手も多い。

診療内容

スポーツ選手に故障はつきものだが、戦う舞台のレベルが高くなればなるほど、体調管理もたいへんであり、ケガをした場合はその深刻度が増す。そんな選手たちの心強い味方となっのてくれるのがスポーツドクターである。
スポーツドクターはスポーツ現場での一次救急のみならず、トレーナーと協力した選手サポートを行うなどのスポーツ医学を習得し、それを医療の現場で活かす。個々の選手の置かれた状況や復帰までのリハビリ管理、さらに今後故障しないためにはどうしたらいいか、そんなところまで考え、サポートする特別な医師なのである。奥平医師も治療する際には「患者自身が治そうという気持ちになる治療法選択の手助けをする」ことを心がけていると言う。
肩、膝の故障に造詣が深く、日本男子テニスチームのメディカルサポートをおこなっている奥平医師は、いろいろな角度から将来を考えた治療をほどこし、選手を活躍の場に戻すことのできる医師のひとりだ。中には手術を必要とするケースもあるが、多くが関節鏡を使った手術であるという。
「関節鏡を使った手術は、皮膚を切開する範囲が小さいこと、解剖学的に正確な修復を目指すことができるのが特徴です。また、術後の痛みが比較的少ないため早期にリハビリを開始できるというのもメリットです。ただし、関節鏡手術では治療が難しい場合もあります」(奥平医師)
スポーツ選手にとって、練習できない時期、試合に出られない時期をいかに少なくできるかというのは、選手生命を左右することもある大きな問題である。従来の手術に比べ、関節鏡手術の場合、リハビリ開始までの期間が短くて済むため、これを選択する利点は大きい。さらに、それを後押しするシステムが同院にはある。「現在、関節鏡手術のほかに膝、肩に対する人工関節置換手術もおこなっていますが、術後は理学療法士と緊密に連携し、早期のリハビリ開始・早期の社会復帰および早期のスポーツ復帰を目指しています」(奥平医師)
院内他科との連携を綿密にすることで、より多方面からのサポート体制を整え、スポーツ選手の復帰を支えるというのが同院の特徴である。単に手術をするだけではなく、リハビリからその先の復帰までを見据えたトータルサポート治療を実践する奥平医師への期待は、これからますます大きくなるだろう。

診療を受けるには

かかりつけ医など診療機関から依頼があった初診の方と再診の方のみ予約診療を行なっている。予約センターTEL:075-751-4891、受付は9:00~17:00(土・日・祝祭日・年始年末を除く)。
奥平医師は、月曜の午前に整形外科外来で診療を行なっている。

累積症例数または患者数

肩関節150件、膝関節300件、足関節120件

年間症例数

年間手術症例数(2011年)120件。肩関節20件、膝関節50件、足関節20件。

医師のプロフィール

経歴
1995年3月 京都大学医学部医学科 卒業
1995年3月 京都大学医学部附属病院(整形外科)勤務
1996年4月 滋賀県市立長浜病院(整形外科)勤務
1998年6月 岐阜市民病院(整形外科)勤務
2001年4月 京都大学大学院医学研究科博士課程(外科系専攻<整形外科学分野>終了
2005年4月 京都市立病院(整形外科)勤務
2008年7月 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院整形外科(上肢・スポーツ班)研修
2008年9月 あおいクリニック整形外科・リハビリテーション勤務
2009年4月 京都警察病院(整形外科)勤務
2014年4月 京都警察病院 退職
2014年6月 京都大学医学部附属病院 整形外科 非常勤
所属学会・認定・資格

日本整形外科学会専門医、日本体育協会認定スポーツドクター、日本テニス協会ナショナルチームスタッフ、2012年度日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学)(テニス)、京都陸上競技連盟医務部、医学博士

【所属学会】日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本臨床スポーツ医学会、日本肩関節学会、JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)、ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)、STMS(国際テニス・スポーツ医学会)、日本テニス・スポーツ医学研究会、日本体力医学会、日本水泳ドクター会議、日本ストレングス&コンディショニング協会

主な著書(編集・共著含む)

『学校スポーツにおける外傷・障害診療ガイド』(文光堂/共著)
『予防としてのスポーツ医学--スポーツ外傷・障害とその予防・再発予防』(文光堂/共著)
『ナショナルチームドクター・トレーナーが書いた種目別スポーツ障害の診療』(2007年 南江堂/共著)amazonでみる⇒

予防に心がけたいこと

スポーツ傷害(外傷・障害)のうち、スポーツ外傷は前十字靭帯断裂、肩関節脱臼、骨折などをさし、スポーツ障害はオーバーユースなどが原因となるものをさす。スポーツ障害予防には、日常のコンディショニングや筋力不均衡(アンバランス)などの改善が重要となる。たとえば、テニス肘の予防(再発予防)は適切な装具・道具の使用と、トレーナーまたは理学療法士による前腕(肘)+手指、肩および体幹の専門的トレーニング(リハビリテーション)が必要である。