ドクターズガイド

垣花和彦 医師 (かきはなかずひこ)

垣花和彦 (かきはなかずひこ) 医師

東京都立駒込病院(東京都)
血液内科
医長

専門

血液内科全般、造血細胞移植、腸管急性移植片対宿主病に対する便細菌叢移植

医師の紹介

垣花和彦医師は、白血病をはじめとする血液内科疾患を全般的に診療する。中でも、造血幹細胞移植と、移植後に起こりうる合併症(移植片対宿主病、GVHD)に詳しい。腸管に起きるGVHDを軽減するための便細菌叢(そう)の移植を研究するなど、血液内科の枠を超えたテーマにも取り組む。

診療内容

がんは高齢者に多い病気だが、白血病は、がんの中では特に若い人に多い。急性と慢性、さらにそれぞれが骨髄性とリンパ性に分けられ、その他にもさまざまなタイプの白血病が存在することで知られている。白血病といえば不治の病というイメージが根強いが、治療が進歩したことにより、徐々に改善が見られつつある。

「急性白血病は抗がん剤による治療で強い副作用が見られるため、無菌室で過ごす必要があります。しかし、新しい薬剤がいくつも開発され、治療が進化していることも確かです。血液のがんは、ほかの固形がんと違い、採血するだけでがん細胞を採取できるため、遺伝子解析などの研究が進んでいます。また、それらの結果をもとに、治療薬が開発されやすいという背景があります。今後も治療成績を上げてくれる薬が出てくることが期待できます」(垣花医師)

「例えば、慢性白血病は、昔は見つかったらすぐに骨髄移植が検討されていました。でも、今ではイマチニブ(グリベック)などの分子標的薬のおかげで、内服薬だけで長期にわたって生存できる人が増えています。急性白血病と違って、基本的には外来で治療を進めていきます」(垣花医師)

垣花医師が在籍する東京都立駒込病院は、2013年、全国初となる「造血幹細胞移植推進拠点病院」に認定され、日本有数の白血病治療実績で知られる医療機関だ。同院では1986年に造血幹細胞移植をスタートさせ、年間120件もの移植手術を実施。これまでの移植件数は約1800件にものぼるという。移植後に発生することのある合併症(移植片対宿主病、GVHD)への対応も手厚く、移植後の長期フォローアップ外来も設置されている。

垣花医師は、白血病をはじめとする血液内科疾患を全般的に診療するが、特に専門とするのがGVHDだ。同院では全国で2番目の移植実績を持つため、GVHD関連の患者を診療する機会が多いという。また、垣花医師は、日本医療研究開発機構(AMED)の主任研究員として、腸内細菌叢と移植の合併症の関係について研究を進めている 。

「移植を受けた人の中には、残念なことに、GVHDという特殊な合併症で亡くなる人もいます。腸管で起きるGVHDは治療が難しいので、これを治せないかと考えてきました。そこで、腸内細菌を移植する糞便移植を行えば効くのではないかと考え、研究を行い、その結果を世界で初めて報告しました。現在、多施設で本治療に関する研究を進めています。また、食事内容を工夫することで腸内細菌に介入し、結果、移植後の合併症が減らせないか検討したところ、実際にGVHD発症率などが減ったという結果が得られています。糞便移植を含む、腸内細菌と移植を研究テーマとする血液内科医はまだ少ないですが、これらが認知され、研究に興味を持ってくれる人が増えることを期待しています。 」(垣花医師)

診療を受けるには

紹介予約制であり、初診時は紹介状(診療情報提供書)が必要

累積症例数または患者数

同院では1986年から造血幹細胞移植を開始しており、これまでに約1800件の実績がある。

年間症例数

同院では造血幹細胞移植を年間120件実施している。

医師のプロフィール

経歴
1997年 東京医科歯科大学卒業後、同大学附属病院、横浜赤十字病院に勤務
2005年 東京医科歯科大学大学院修了
2010年 東京都立駒込病院
2016年 便細菌叢の移植により同種造血幹細胞移植後の合併症が改善することをまとめた世界初の論文を発表
所属学会・認定・資格

日本血液学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本造血細胞移植学会認定医

予防に心がけたいこと

急性白血病は急激に白血球が増加し、風邪のような発熱、倦怠感などの症状、貧血、出血症状などが現われる。なかなか治らない風邪など、いつもと違う変化を感じたら早めに受診すること。
一方、慢性白血病ではたまたま受けた血液検査で分かることがあるので、定期的な健康診断は欠かさないようにしたい。

費用のめやす

初診時、紹介状(診療情報提供書)がない場合は非紹介患者初診加算1,300円が必要

発信メディア(ホームページ、ブログ、Twitter、facebook等)

ステロイド抵抗性・依存性の腸管急性移植片対宿主病に対する便細菌叢(そう)移植の安全性及び有効性について