ドクターズガイド

これまでの一覧 →

脂質異常症

1/2

欧米型の食生活が定着した日本。塩分制限ばかりにとらわれずコレステロールにも注意が必要だが、脂質異常症は増える一方だ。世界が認める伝統的な日本食(Japan Diet)を見直す、トランス脂肪酸の摂取を制限する…日本が国として取り組むべき課題は山積している。この現状について、帝京大学理事・名誉教授 臨床研究センター長/寺本内科・歯科クリニック内科院長の寺本民生医師にお聞きした。

――近年、脂質異常症の人が増えています。年齢が高くなるにつれて発症しやすいのでしょうか。

脂質異常症は年齢が高くなるにつれて増えますが、性別によっても異なります。男性は基本的に若い頃は低くて、40~50歳あたりから高くなってきます。しかし、65歳位になると頭打ちで、少し下がり始めます。理由は生活習慣にあると思われます。脂質異常症は生活習慣病なので、会社に勤めているとどうしても付き合いが多く、毎日自宅で夕食を食べられず、外食が続いてコレステロールや動物性脂肪の摂取が多くなり、悪玉のLDLコレステロール値(以下LDL値)が上がってきます。

一方、女性も若い頃はLDL値が低いのですが、閉経を迎える40後半~50歳代半ばから急激に上がり始めます。男性と違うのは、その後も上がり続ける点です。男性と女性の数値が入れ替わるのが75歳位です。

――日本人は欧米の人に比べれば脂質異常症が少なかったはずですが、なぜ増えてきたのでしょうか。

かつて日本では脳卒中が多かったため、誰もが血圧に関してナーバスになり、塩分摂取を控えようとする意識が広まりました。心筋梗塞については欧米ほど多くなかったので、その原因となるコレステロールはあまり問題にされませんでした。ところが、特に都心部では欧米型の食事が増えてLDL値が上がり、心筋梗塞の発症率が増えたのです。それにもかかわらず、いまだに塩分ばかりを心配して、肉などの動物性脂肪は問題視しない人が少なくありません。こうした背景が、脂質異常症がなかなか減らない要因の1つと言っていいでしょう。

日本の対極にあるのがアメリカです。アメリカでは脳卒中は非常に少なく、多いのは心筋梗塞です。1960年頃からコレステロールを減らす重要性が浸透して、動物性脂肪、飽和脂肪酸の多い食材に気をつけるのが当たり前になっています。その結果、見事にLDL値が下がりました。 その後アメリカで問題になったのは、コレステロールを制限したために、人々が糖質を摂取するようになったこと。お菓子やコーラのように糖質の多いものが原因で、肥満が起こりました。すると、今後は糖を減らそうという国策に変わりました。塩分に注意しようと言っていた日本で、今度はコレステロールに注意し始めたのと同じです。

――健康診断でLDL値が高いとわかれば、どのような治療をするのですか。

脂質異常症

まずは生活改善が重要です。うまくいかない場合、頸動脈エコーで動脈硬化性の変化が確認できたら、多くの場合、薬物療法に進みます。しかし、患者さんがきちんと納得することが大切。途中で受診をやめてしまうような治療は意味がありません。薬を2~3ケ月でやめてしまうと、医療費、薬代、何もかも水の泡です。そんなことにならないよう、薬を飲む以上、最低数年以上は続けていただくようお話しします。

1/2

続きを読む →



糖尿病の関連情報一覧 ⇒