ドクターズガイド

これまでの一覧 →

睡眠時無呼吸症候群 生活習慣病との悪循環を断つ

1/2

日本人200万人以上が抱える「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」とは、眠っている間に呼吸が止まり十分な睡眠が取れず、昼間に強い眠気に襲われる病気。居眠りが重大な交通事故などにつながるおそれもある。しかし眠気以外にも、健康にさまざまな悪影響を及ぼし、時には生命に関わるおそれがあることをご存知だろうか?睡眠時無呼吸症候群の弊害や治療法について、豊富な治療経験を持つ御茶ノ水呼吸ケアクリニック理事長・院長の村田朗医師に聞いた。

― いびき=睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)ですか?

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は、空気の通り道である上気道を構成している舌や気道周囲の筋肉が、睡眠により緊張感が無くなり弛緩して重力で垂れ下がり、喉のほうに落ち込むことに加え、吸気運動により気道内の圧力が陰圧になることによってさらに気道が狭くなり、塞がれることで起こります。このとき、気道が狭くなることで、気道のすき間を空気が通る際に、気道壁が震えていびき音が出ます。10秒以上、気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸と言い、無呼吸が一晩に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群と診断します。

いびきは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の主な症状のひとつで、特に無呼吸の状態から呼吸が再開するときに大きないびきをかくことがあります。しかし、疲労や飲酒による気道周囲の筋肉の機能低下などもいびきの要因になることがあるので、一時的なものあればそれほど心配する必要はないでしょう。

―いびき以外には、どんな症状がありますか。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は、質の良い睡眠が取れないために脳がしっかり休めていません。そのため、睡眠時間を確保していてもぐっすり眠ったという実感がなく、日中に強い眠気を感じたり、集中力が低下したりします。寝ている間も脳が活動状態なので、自律神経の交感神経が優位になって尿が作られやすく、夜間にトイレのために起きる回数も増えます。もっとも、中高年男性の場合は、前立腺のトラブルでトイレの回数が増えることもあるので注意が必要です。

SASの症状

― どんなタイプの人が、睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすいのでしょうか?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、太った中高年男性がかかる病気というイメージがあるのかも知れませんが、痩せていても、女性でも、小顔の若者でもかかる病気です。顔や首まわりの形体的特徴がその発症と強く関連しています。

喉の周りに脂肪がつくと気道が狭くなるので、いびきをかいたり、無呼吸状態になったりする可能性は高くなります。日本人を含む東アジアの人は、もともと顔面頭蓋骨の形状が上下に長く、前後に短い骨格をしているため、顎が小さく喉が狭いため、舌が収まるスペースが狭く、気道も狭いという特徴があります。また、現代人は物を噛む回数が減り、ファ―ストフードなど柔らかい食べ物を好んで食べる人が増え、成長期に顎の骨がうまく発達しなかったため、小顔で顎が小さい人が増えました。これも気道が塞がりやすい悪条件です。睡眠時無呼吸症候群(SAS)予備軍と言えるでしょう。

SASの予備軍

― 眠っている間に呼吸が止まると、どんな問題が起こるのでしょうか。

呼吸が止まることにより酸素が入ってこないことで、血液中の酸素濃度が富士山やアンデス山脈にいきなり登った位に低下し、そのままでは窒息してしまうので脳が覚醒して呼吸を再開させるという状態です。低酸素の状態は心臓に負担がかかり、狭心症の発作や不整脈が起きやすくなります。また、呼吸が止まると二酸化炭素が排出されないので、血管が拡張して頭痛の原因にもなります。さらに、脳が覚醒するたびに交感神経が優位になるために昼夜を問わず交感神経の緊張状態が続き、夜間や早朝、薬に抵抗性の高血圧を引き起こす危険性もあります。自律神経の乱れはホルモンバランスの崩れにつながり、血糖値を下げるインスリンへの抵抗性ができて糖尿病になったり、コレステロールが下がりにくくなって高脂血症になったり、やがて動脈硬化から心筋梗塞、脳梗塞を発症するケースもあり、さらに睡眠不足はうつ病やEDの引き金にもなります。

1/2

続きを読む →



睡眠時無呼吸症候群の関連情報一覧 ⇒