ドクターズガイド

[12/01] 再発は、15年後。

乳がんは比較的進行が遅いだから、“完治”と言われるまでは20年胃がんや大腸がんは“5年”と言われているのに...しかも私ががんになった当初、“乳がんの完治は10年”だったその当時でさえ、「15年経っても再発することがある」と言われていたなので、“10年完治説”に疑問を抱いていたそんな進行の遅い乳がんであるが、私のがんはさらに進行が遅い通常、乳がんには見られない、化学療法も放射線治療も効果がないがん細胞なのだ4年8か月放置したにもかかわらず、こうして生きていられるのは、やはりこのがん細胞の性質によるものだったのだろうそれはありがたいことなのか...もちろん、進行は早いより、遅い方がいいに越したことはないだろうが、それは、再発も先に延ばされることになる私は当初から、「万が一、再発するとしたら、15年後だろう」そう思っていたいや、もしかしたら、18年後かもしれない25年という例もある今年から、全身検査はしないことになったそれは不安なことでもある『再発は、早期に見つけても、 自覚症状が出てからでも、治療成績は同じ』そんなデータがあったとしても、患者としては、少しでも早く見つけたいと思う少しでも早く治療をはじめたいと思う他人は簡単に、「もう治ったんでしょ」と言う病気のことを本当に知らない人には、手術を終えて退院すれば、もう治ったと思われる家族でさえ、3か月も経てば扱いはぞんざいだ手術から14年完治まではあと6年長い道のりだが、20年経ったところで、きっと100%の安心なんてないのだろう「終わりがない」――それは、がんを経験した人のほとんどが、口にする言葉それは私も同感だ   1日1回、応...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
りかこの乳がん体験記


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ