ドクターズガイド

[04/12] 「がんです」と告知されると、やっぱり“ガーン”となる病気。

いくら、『早期なら完治も可能』と、言われていても...いくら、『がん治療は日進月歩』と、言われていても...それでも、「がんです」と告知をされると、きっと、誰だって「ガーン」となる「これからどうなるんだろう...」「抗がん剤で髪が抜けたり、 吐き気でつらい思いをするのかな...」「死んじゃうのかな」「あとどれくらい生きられるのだろう...」「仕事は辞めなければならないのかな...」「治療にいくらお金がかかるのだろう」「今後の生活費は...」と、不安だらけだがん告知を受けたばかりのときは、本当に頭の中がぐちゃぐちゃになる何をしていいのかなにから手をつけていいのか、本当に整理がつかないでも、手術、治療と進み、一つずつ乗り越えていくと、人間って不思議なもので、気持ちも変わってゆく過去は過去のものとして、新しい自分を受け入れ、先に進んでゆけるものだその間、たくさん泣きもする孤独にもなる夜も眠れない食欲がなくなったりもする『早期なら完治も可能』『がん治療は日進月歩』でもやっぱり、「がんです」と、告知を受けると、“死”をイメージしてしまう病――...だよね   1日1回、応援のクリックお願いします       日々の励みになります  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓     人気ブログランキング    にほんブログ村 ★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から ...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
りかこの乳がん体験記


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ