ドクターズガイド

[12/03] 複数の動脈から栄養される肝臓がんに対する門脈同時塞栓療法

◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です今年は、一年が経つのが早いんだか、遅いんだか気付けば、もう12月ですが、今年は新型コロナの対応に追われて、中身の濃い時間を過ごしています学会などへの出張はありませんが、12月の予定を見るとWeb中心ですが、講演や発表が5つも入っていて、準備に追われていますWebの講演会はこれからもっともっと広まるでしょうね視聴する人も通常の講演会よりも便利ですので、多いし手軽に聞けますので・・講演する側としては、相手の顔が見えないというのは、ちょっとやりにくいもので、慣れていく必要があります・・それはさておきまして、本日ご紹介は、福岡件の北九州外からご来院された肝臓がんの患者さまステージ2の状態ラジオ波焼灼療法などは難しく、前医から来院されまた患者さまです肝S7に突出した3cm大の肝臓がんを認めます癌の動脈が1本ではなく、2本から栄養されていて、その2本はお互いが吻合と言って、交通している状態なので、丁寧に2つの動脈を治療しないと再発しやすい、ちょっと厄介な癌でしたマイクロカテーテルで癌を含む動脈2本に挿入し、門脈動脈同時塞栓療法を行いました仕上がりは上々しっかりと薬剤の貯留を確認しましたもともと肝硬変が強く、肝機能が心配でしたが、それも治療で低下することなく退院となりましたこれでいったん、癌はゼロですしっかりと経過をみていきます今年も、あと1ヶ月大変な...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
ガンちゃん先生奮闘記


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ