ドクターズガイド

[05/15] 突出する肝臓がんへの門脈動脈同時塞栓療法

◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です岩本内科で私、2代目ガンちゃん先生が癌治療を継承して、4年、カテーテル留置を始めて3年、システムIを始めて1年、になりますが、門脈動脈同時塞栓療法は換算せずに、カテーテル留置を3年で140名に行った集計がでましたどれだけの治療が行えていたのか、いま、振り返って、データとして登録しているのですが、本当に一人一人の方に思い出や思い入れ、必死に治療した思いが溢れていて自分が言うのもなんですが、ガンばってきたな・・・と感じていますもちろん、もっと良い治療ができたのではないかと、反省しながらなので、なかなか辛い作業でもあるのですが・・・患者さま一人一人が様々な経緯で、思いで岩本内科に来院されて、治療を受けられているのを改めて、感じるとこれからも全力で!!  と、気合いが入りますさて、本日ご紹介しますのは数年前に一度、岩本内科に来院された関東在住の肝臓がんの患者さま門脈動脈同時塞栓療法で、うまく治療出来ていましたが、数年の経過で今回再発してきたので、再治療ですこの方は、その後の経過で癌の治療とは関係のないところで、肝不全にもなられ、非常に大変な経過を経たのですが・・・、また岩本内科に戻って来られ本当によくガンばられているのです今回は、肝臓のS6と呼ばれる領域に突出した35mm大の癌を認め・・・関東の病院では、治療が難しいとのことで、岩本内科まで来て下...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
ガンちゃん先生奮闘記


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ