ドクターズガイド

[05/11] 東京クリニックの外来に久しぶりの方が来院されました

東京クリニックの外来に久しぶりの方が来院されました。術後約1ヶ月目に外来に来院されて以来、約3年数ヶ月ぶりです。 顔面痙攣の術後、痙攣がすぐに止まらない方が少なからずいらっしゃいます。多くは1ー2年で症状が消失しますが、まれにもう少し時間がかかる方もいらっしゃいます。この方は、症状がかなり改善されていたのですが、少しだけ症状が残っていたので、経過をみておられたのです。実際には症状が殆ど気にならない程度なので、ご本人のお言葉によると「遊び歩いていたので外来にこれなかった」のだそうです (^^)日本中を旅行されておられたとか。昨年12月にすこし症状があったのち、まったく症状が出ていないことを5ヶ月確認して、「完治」の報告にきてくださったのです。満面の笑顔でおっしゃるので、わたしも本当に嬉しかったです。さらに、一緒に写真を撮ってください、とおっしゃっていただきました。とても光栄です。私のカメラでも2ショットを撮らせていただきました。ブログやSNSに使ってよいとおっしゃっていただいたのですが、やはりプライバシーが気になりますので、お顔はぼかさせていただきます。顔面痙攣の手術、患者さんに名医と思っていただけるように、もっともっとがんばらなくては。     ...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
働く女性医師の夫・Howdy


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ