ドクターズガイド

[11/30] どう攻めるべきか

◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です本日ご紹介するのは、肝細胞癌の方で癌が門脈に入り込んだ状態ステージ4Aの患者さまですいろんな治療戦略を考えましたが、この方の場合は、、カテーテル留置を行いNew FP療法と門脈動脈同時塞栓療法をまず先に導入しますこれまでの蓄積したデータによると肝機能良好なステージ4Aの患者さまで、New FP療法を導入した方は、70%の方で癌は小さくなりますし、全体の内、20-30%は一度は癌ゼロが得られるという結果が出ていますいま、肝臓がんで使える新しい点滴のお薬のテセントリク+アバスチン治療では、癌を小さくさせる割合が30-40%癌をゼロにする力は6-10%テセントリク+アバスチン療法が使えるようになった今としても、その効果は絶対的ですですが、二つの治療を比較して効果を競い合うことは患者さまにとってそんなに重要な事ではなくて、一つの治療ではなく、二つでも三つでも、最適に組み合わせて、出来る限り癌ゼロに、癌を小さく、そして長生きをそれが重要な事です新しい薬が出ると、どうしても、一つ一つの治療の効果比較をしてしまう気持ちが出てしまうのですが、最善の治療戦略を求めていかねばと、、思うのですこの方は、New FP療法と門脈動脈同時塞栓療法で薬剤も適切に貯留していますので、癌ゼロを目指して、効果が期待できます!◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
ガンちゃん先生奮闘記


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ