ドクターズガイド

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)

医師(五十音順)

  • 泉 雅文 (いずみまさふみ)
    泉 雅文 (いずみまさふみ) 医師
    北青山Dクリニック(東京都)8病院のクチコミ     椎間板ヘルニア治療センター

    泉雅文医師は、PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)をはじめ椎間板ヘルニア治療のスペシャリスト。本来、泉雅文医師は脳神経外科医で、脳神経外科の治療に携わっていた。整形外科の治療とされるPLDDとは分野が異なるが、脳神経外科は脳に加え、脊椎・脊髄も治療の対象とす... 続きを読む→

  • 浦山茂樹 (うらやましげき)
    浦山茂樹 (うらやましげき) 医師
    水野記念病院(東京都)1病院のクチコミ     整形外科

    腰椎椎間板ヘルニアに対する最新の低侵襲手術である経皮的内視鏡下椎間板摘出術 (PED) の経験は500例以上あり。術後1~4日で退院可能。骨粗鬆症性椎体骨折に関する発表・論文は100以上。特に高度な椎体骨折に対しては、将来の椎体変形予防のために骨折部を手術前に... 続きを読む→

  • 大久保信治 (おおくぼしんじ)
    大久保信治 (おおくぼしんじ) 医師
    石岡循環器科脳神経外科病院(茨城県)    脳神経外科

    大久保信治医師は、局所麻酔下で行う「経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD)」を得意とする。PELDは近年、国内の医療機関で導入され始めた特殊な内視鏡を用いた新しい手術法で、従来の方法に比べて身体の負担が小さく、入院期間も短くて済む。大久保医師は韓国... 続きを読む→

  • 金 彪 (きんひょう)
    金 彪 (きんひょう) 医師
    獨協医科大学病院(栃木県)1病院のクチコミ     脳神経外科

    金彪医師は累積の脊髄・脊椎手術が4,400例という、豊富な経験を持つ脊髄・脊椎のエキスパート。精密な顕微鏡技術を生かし、背骨や筋肉の本来の構造と働きを維持したままリスクを抑えた手術を行う。その実力は、アメリカ脳神経外科学会からInternational Mas... 続きを読む→

  • 清水純人 (しみずすみと)
    清水純人 (しみずすみと) 医師
    国民健康保険 小見川総合病院(千葉県)1病院のクチコミ     整形外科・脊椎脊髄センター

    清水純人医師は、現在国内で15施設程度でしか施行されていない経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術(PELD)による椎間板ヘルニア摘出手術のスペシャリストで、PELDでの手術件数は日本1位3,000例以上)。すべてのヘルニアに同法で対応するだけでなく、脊柱管狭窄症にも... 続きを読む→

  • 谷 諭 (たにさとし)
    谷 諭 (たにさとし) 医師
    東京慈恵会医科大学附属病院(東京都)55病院のクチコミ     脳神経外科 教授

    谷諭医師は脊椎・脊髄治療の専門医であり、頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症など、脊椎脊髄疾患の手術などにあたっている。脳神経外科的見地から、肩こり患者や腰痛患者の診療も実施。スポーツにおける脳への打撲や衝撃などダメージに対する診断・治療の第一人者でもあり、日本ボ... 続きを読む→

  • 出沢 明 (でざわあきら)
    出沢 明 (でざわあきら) 医師
    出沢明PEDクリニック(東京都)  院長 

    出沢明医師は脊椎内視鏡手術の第一人者。わずか6~8ミリの傷口からヘルニアの摘出を行う超低侵襲の手術=PED(経皮的椎間板ヘルニア内視鏡下摘出手術)。椎間板ヘルニアで寝返りさえ困難だった患者が術後3時間で歩行するという、この画期的な手術を手術器具メーカーと共同開... 続きを読む→

  • 鳥濵喜仁 (とりはまよしひと)
    鳥濵喜仁 (とりはまよしひと) 医師
    浮間中央病院(東京都)  副院長  整形外科

    腰痛をはじめとする脊椎(背骨)疾患の治療は、できるだけ切らずに治し、手術する場合も必要最小限にとどめる低侵襲手術が主流となりつつある。鳥濵喜仁医師の専門の「PED:経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術」は、こうした先進的医療の実現を後押しする手術法だ。局所麻... 続きを読む→

  • 中村雅也 (なかむらまさや)
    中村雅也 (なかむらまさや) 医師
    慶應義塾大学病院(東京都)44病院のクチコミ     整形外科(脊椎・脊髄外科)

    中村雅也医師は、90年代前半から脊髄の研究を始め、現在は京都大学の山中伸弥医師と共同でiPS細胞を使った脊髄再生移植の研究を行っている。今まで中枢神経である脊髄は、ひとたび切れたら決してつながらないと言われていたが、iPS細胞を使い、環境を整えることで延ばす方... 続きを読む→

  • 西村泰彦 (にしむらやすひこ)
    西村泰彦 (にしむらやすひこ) 医師
    和歌山向陽病院(和歌山県)    脳神経外科、脊椎脊髄外科センター

    国内の脳神経外科での脊椎内視鏡手術のパイオニア。脊椎脊髄ではこれまでに1,200例を超える手術経験を持つ。脊椎手術に関しては内視鏡手術を得意とするが、広範囲の固定から顕微鏡手術、内視鏡手術まで症例に応じて最も効果がありかつ低侵襲な術式を選択している。2011年... 続きを読む→

  • 藤本吉範 (ふじもとよしのり)
    藤本吉範 (ふじもとよしのり) 医師
    JA広島総合病院(広島県)5病院のクチコミ   病院長  整形外科

    病院全体の医療サービスのクオリティ向上を目指す、病院長という重職にありながら、週2回は外来診療を担当して患者と直接向き合う。脊椎外科が専門で顕微鏡を用いた脊椎手術や、骨折した脊椎を骨セメントで固定する先進医療に早くから取り組み、近年はより人に優しく回復が早い「... 続きを読む→

  • 宮口文宏 (みやぐちふみひろ)
    宮口文宏 (みやぐちふみひろ) 医師
    昭和会クリニック(鹿児島県)    整形外科

    腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡ヘルニア摘出術(MED)を得意とし、この術法を腰部脊柱管狭窄症の1椎間狭窄にも応用。とはいえ診療では手術適応を厳格にし、除圧で済ませられるものは除圧のみとするのがポリシー。自分ひとりの考えだけでなく、ほかの医師の意見も仰ぎ、鹿児... 続きを読む→

  • 吉兼浩一 (よしかねこういち)
    吉兼浩一 (よしかねこういち) 医師
    北九州市立医療センター(福岡県)13病院のクチコミ     整形外科

    吉兼浩一医師は、身体への負担が小さい手術として注目を集めている「経皮的内視鏡視下椎間板ヘルニア摘出術(PED)」の第一人者。大阪以西の西日本の医療機関で初めて導入し、その普及に努めた。わずか8ミリの傷口から内視鏡を用い、筋肉の剥離や靭帯、骨の切除をほとんど伴う... 続きを読む→

  • 吉田宗人 (よしだむねひと)
    吉田宗人 (よしだむねひと) 医師
    医療法人スミヤ 角谷整形外科病院(和歌山県)4病院のクチコミ     整形外科

    1984年、大谷清博士らと頚椎後方支持組織温存脊柱管拡大術を考案。1998年には米国より脊椎後方内視鏡手術法を導入し、国内他施設に先がけて臨床応用。その後も脊椎・脊髄外科における低侵襲手術の先駆者のひとりとして、髄核摘出術に限定されていた脊椎後方内視鏡手術を腰... 続きを読む→

  • 吉原 潔 (よしはらきよし)
    吉原 潔 (よしはらきよし) 医師
    三軒茶屋第一病院(東京都)1病院のクチコミ     整形外科

    椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の脊椎内視鏡手術のスペシャリストで日本整形外科学会の脊椎内視鏡下手術技術認定医。しかも腰椎だけでなく頸椎の椎間板ヘルニアまで経皮的内視鏡下椎間板摘出術(PED)が出来る医師は全国でも数名に限られる。その技術を活かして日本体育協会公認... 続きを読む→