ドクターズガイド

肩こり・肩の痛み

医師(五十音順)

  • 井手淳二 (いでじゅんじ)
    井手淳二 (いでじゅんじ) 医師
    熊本大学医学部附属病院(熊本県)6病院のクチコミ     整形外科

    肩関節鏡視下手術を専門とする。高度な専門的知識と豊富な経験をベースに、さまざまな肩の痛みの原因を的確に突き止め、患者それぞれに適した運動療法・薬物療法・手術療法を提供する。手術は可能な限り、患者の負担が少ない関節鏡視下手術を選択。また、肩こり治療の名医として知... 続きを読む→

  • 井樋栄二 (いといえいじ)
    井樋栄二 (いといえいじ) 医師
    東北大学病院    整形外科

    井樋栄二医師は、肩関節外科、骨粗鬆症治療のエキスパートとして、第一線で活躍している。整形外科において肩関節外来を担当し、スポーツ障害や腱板断裂・関節拘縮など変性疾患や中高年に起こる肩の痛みのひとつである凍結肩(五十肩ともいわれ、中高年に起こる肩の痛みのひとつ)... 続きを読む→

  • 岩堀裕介 (いわほりゆうすけ)
    岩堀裕介 (いわほりゆうすけ) 医師
    愛知医科大学病院(愛知県)23病院のクチコミ     整形外科

    わが国の肩・肘関節外科の次世代を担う医師の一人。投球による肩・肘障害の治療など、スポーツによる上肢障害の治療に実績があり、リハビリテーション科と綿密に連携して徹底した保存療法を行っている。外傷による肩・肘関節の脱臼・靱帯損傷の手術療法、頻度の高い肩こり・凍結肩... 続きを読む→

  • 菅谷啓之 (すがやひろゆき)
    菅谷啓之 (すがやひろゆき) 医師
    船橋整形外科病院(千葉県)15病院のクチコミ     スポーツ医学・関節センター

    腱板断裂など、関節の痛みに対する関節鏡視下手術の名手。肩および肘関節に対して、関節鏡を用いた低侵襲手術による専門的医療を提供してきた。グループで年間900件以上もの肩および肘の関節鏡手術および肩の人工関節手術を手がける実績をもつ。肩・肘関節痛を訴える一般患者の... 続きを読む→

  • 谷 諭 (たにさとし)
    谷 諭 (たにさとし) 医師
    東京慈恵会医科大学附属病院(東京都)55病院のクチコミ     脳神経外科 教授

    谷諭医師は脊椎・脊髄治療の専門医であり、頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症など、脊椎脊髄疾患の手術などにあたっている。脳神経外科的見地から、肩こり患者や腰痛患者の診療も実施。スポーツにおける脳への打撲や衝撃などダメージに対する診断・治療の第一人者でもあり、日本ボ... 続きを読む→

  • 筒井廣明 (つついひろあき)
    筒井廣明 (つついひろあき) 医師
    NPO法人スポーツ・健康・医科学アカデミー ( MeSSH )  理事長  スポーツ整形外科

    テレビ等のメディアにも多数出演し「肩の名医」として知られる筒井廣明医師は、腱板断裂を含む五十肩や、多くのスポーツ選手の肩を治療し、肩こりなども治してきた肩関節のエキスパート。肩関節は体のあらゆる部分が筋肉と腱と骨と関節でつながっており、つながりを理解し、全体的... 続きを読む→

  • 永澤雷太 (ながさわらいた)
    永澤雷太 (ながさわらいた) 医師
    医療法人社団 ながさわ整形外科(北海道)  理事長 

    2002年、函館五稜郭病院勤務時代に北海道南初の肩専門外来を開設。中高年の肩の痛みやスポーツ選手の肩の痛み、肩周囲の外傷に幅広く対応している。患者数は年々増加し、技術と経験を必要とする関節鏡視下肩関節手術では現在全国でもトップクラスの手術件数を誇る。整形外科を... 続きを読む→

  • 山田朱織 (やまだしゅおり)
    山田朱織 (やまだしゅおり) 医師
    16号整形外科(神奈川県)  院長  整形外科 ・枕外来

    睡眠姿勢と枕の研究のエキスパート。親子2代・40年の臨床経験を背景に同院に開かれた、全国でも数少ない枕外来では、睡眠姿勢や自宅でできる簡単な枕の調節法などの指導が受けられる。同外来は、その治療効果の高さからメディアにもたびたび紹介され、国内各地から肩こりや頭痛... 続きを読む→