ドクターズガイド

糖尿病

医師(五十音順)

  • 渥美義仁 (あつみよしひと)
    渥美義仁 (あつみよしひと) 医師
    永寿総合病院(東京都)16病院のクチコミ     糖尿病・内分泌内科 糖尿病臨床研究センター

    渥美義仁医師は、1950年代から糖尿病の専門的治療に取り組んできた東京都済生会中央病院で糖尿病臨床研究センター長を務め、2013年より同院で糖尿病臨床研究センター長に就任。わが国の糖尿病治療を牽引してきた。糖尿病の足病変とその予防的フットケア・血糖自己測定の活... 続きを読む→

  • 荒木栄一 (あらきえいいち)
    荒木栄一 (あらきえいいち) 医師
    熊本大学医学部附属病院(熊本県)6病院のクチコミ     代謝・内分泌内科

    荒木栄一医師は、糖尿病を中心とした幅広い生活習慣病の最先端の診療を行っている。1型、2型、糖尿病合併妊娠症など、様々なタイプの糖尿病に対して厳格なインスリン治療を行い、合併症を予防。また、適切なインスリン量を自動的に計算・投与する糖尿病自動治療制御システム・糖... 続きを読む→

  • 宇都宮一典 (うつのみやかずのり)
    宇都宮一典 (うつのみやかずのり) 医師
    東京慈恵会医科大学附属病院(東京都)55病院のクチコミ     糖尿病・代謝・内分泌内科

    宇都宮一典医師は、糖尿病全般の診療にあたり、特に糖尿病性腎症を中心とする合併症の診断と治療を専門としている。診療部長を務める東京慈恵会医科大学附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科の糖尿病診療は本邦で屈指の伝統と実績をもつ。糖尿病に関しての診断から治療、合併症の管... 続きを読む→

  • 小川佳宏 (おがわよしひろ)
    小川佳宏 (おがわよしひろ) 医師
    東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都)40病院のクチコミ     糖尿病・内分泌・代謝内科

    小川佳宏医師は、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の分子内分泌代謝学分野の教授を務めるほか、糖尿病・内分泌・代謝内科の診療科長として外来診察を行っている。日本肥満学会賞や日本内分泌学会研究奨励賞など多くの賞を受賞。メタボリックシンドロームあるいは生活習慣病... 続きを読む→

  • 加来浩平 (かくこうへい)
    加来浩平 (かくこうへい) 医師
    川崎医科大学附属川崎病院(岡山県)    総合内科

    2型糖尿病を中心とした生活習慣病の専門医として、安全かつ有効性の高い最先端の薬物療法を実践。個々の患者をとりまく様々な状況を把握し、最適な治療法を患者と共に見出していく。動脈硬化の進行状況をみる脈波伝播速度(PWV)、頚動脈内膜中膜複合体厚(IMT)、内臓脂肪... 続きを読む→

  • 片桐秀樹 (かたぎりひでき)
    片桐秀樹 (かたぎりひでき) 医師
    東北大学病院    糖尿病代謝科

    わが国トップレベルの生活習慣病のエキスパート。生活習慣病克服のためその早期発見・早期治療を目指し、また合併症の予防と病気の進行阻止を心がけつつ、地域の医療機関から紹介される難治症患者の診療にも当たっている。年齢や生活環境ほかを考慮して患者個々の実情に合わせた診... 続きを読む→

  • 門脇 孝 (かどわきたかし)
    門脇 孝 (かどわきたかし) 医師
    東京大学医学部附属病院(東京都)28病院のクチコミ   病院長  糖尿病・代謝内科

    日本における2型糖尿病研究の第一人者であり、メタボリック症候群、肥満症の専門医としても知られる。最先端の糖尿病研究の指導者として、ガイドラインの策定にも関与。研究成果における国際的な評価も高い。糖尿病の根本原因を科学的に解明し、将来の治療につなげるための基礎研... 続きを読む→

  • 清野 裕 (せいのゆたか)
    清野 裕 (せいのゆたか) 医師
    関西電力病院(大阪府)13病院のクチコミ   院長  糖尿病・代謝内分泌センター

    清野裕医師は、アジア人として初めて米国内分泌学会賞、ノバルティス糖尿病賞(スイス)を受賞するなど、国内だけでなく世界に認められた糖尿病研究のスペシャリスト。また、国内ではベルツ賞1等賞、日本医師会医学賞なども受賞。特にインスリン分泌を促進する消化管ホルモンであ... 続きを読む→

  • 寺本民生 (てらもとたみお)
    寺本民生 (てらもとたみお) 医師
    寺本内科歯科クリニック(東京都)1病院のクチコミ   院長  内科

    脂質異常症や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病全般を長く診療してきた寺本民生医師。現在も帝京大学の理事・名誉教授、臨床研究センター長を兼任するとともに、クリニックでは患者一人一人と向き合う診療を心がけている。診療の基本は、薬剤をむやみに使わず、まずは食事、運動な... 続きを読む→

  • 戸邉一之 (とべかずゆき)
    戸邉一之 (とべかずゆき) 医師
    富山大学附属病院(富山県)3病院のクチコミ     代謝・内分泌内科

    戸邉一之医師は、糖尿病、メタボリックシンドロームを中心に、脂質異常症などの代謝疾患や、下垂体疾患・甲状腺疾患などの内分泌疾患全般の診療に携わっている。メタボ型、肥満型、非肥満型など2型糖尿病にも様々な病態があるが、2型糖尿病の病態に応じた治療を目指している。研... 続きを読む→

  • 弘世貴久 (ひろせたかひさ)
    弘世貴久 (ひろせたかひさ) 医師
    東邦大学医療センター大森病院(東京都)61病院のクチコミ     糖尿病・代謝・内分泌センター

    糖尿病治療のうちでも、特に薬物療法、インスリン療法に詳しい。2型糖尿病に対して単に血糖値を下げるのではなく、病態に応じた介入が必要であるとし、経口薬は膵β細胞(インスリンを分泌する細胞)への負担がより少ないものから処方し、内因性インスリンが枯渇する前にインスリ... 続きを読む→

  • 牧田善二 (まきたぜんじ)
    牧田善二 (まきたぜんじ) 医師
    エージーイー牧田クリニック(東京都)  院長  糖尿病外来

    30年以上にわたって糖尿病とその合併症の治療に携わる。2003年開院のエージーイー牧田クリニックには毎月1,000人以上もの患者が訪れ、これまでに診た延べ患者数は優に10万人を超える。診療は「自己管理型治療法」と「抗AGE治療法」の2本柱で行われる。特に腎臓の... 続きを読む→

  • 松久宗英 (まつひさむねひで)
    松久宗英 (まつひさむねひで) 医師
    徳島大学病院(徳島県)4病院のクチコミ     内分泌・代謝内科 糖尿病臨床・研究開発センター 

    松久宗英医師は広く世界に目を向け、糖尿病予防と対策に尽力する。徳島県内はもとより全国から糖尿病患者が訪れる糖尿病臨床・研究開発センターにおいて、検診による早期発見と予防、診察、合併症予防に至るまでトータルにかかわってきた。近年では海外からの観光客・受診者を呼び... 続きを読む→

  • 山田 悟 (やまださとる)
    山田 悟 (やまださとる) 医師
    北里大学 北里研究所病院(東京都)26病院のクチコミ     糖尿病センター 内分泌・代謝内科

    山田悟医師は、一般社団法人「食・楽・健康協会」を設立し、代表理事を務める。食楽健康協会のテーマ「おいしく、楽しく食べて、健康に」で、無理の無いゆるい糖質制限「ロカボ」を薦めている。日本における糖質制限のトップドクターである。 山田医師は、糖尿病の専門医、総合内... 続きを読む→

  • 吉岡成人 (よしおかなりひと)
    吉岡成人 (よしおかなりひと) 医師
    NTT東日本札幌病院(北海道)16病院のクチコミ     糖尿病内分泌内科

    糖尿病治療30年余とキャリアは長い。「血糖値」を管理することは糖尿病の治療にとって重要ではあるが「血糖値」に異常をきたす背景となっているものを見逃さないことが重要であると考えている。糖尿病であってもできる限り患者の「自由度」を高く保つように心掛けて治療にあたっ... 続きを読む→