ドクターズガイド

子宮内膜症・子宮筋腫

医師(五十音順)

  • 明楽重夫 (あきらしげお)
    明楽重夫 (あきらしげお) 医師
    日本医科大学付属病院(東京都)29病院のクチコミ     女性診療科・産科

    子宮内膜症、子宮筋腫、不妊症などの生殖医学、腹腔鏡手術を中心とした婦人科手術、メッシュ手術などの骨盤底再建外科が専門。子宮内膜症のホルモン治療、腹腔鏡手術のスペシャリストであり、日本子宮内膜症啓発会議実行委員としての活動も。子宮内膜症のオーダーメイド治療の確立... 続きを読む→

  • 安藤正明 (あんどうまさあき)
    安藤正明 (あんどうまさあき) 医師
    倉敷成人病センター(岡山県)9病院のクチコミ   副院長、理事  婦人科

    日本産科婦人科内視鏡学会常務理事を務める婦人科腹腔鏡下手術のエキスパート。1980年以降18,000例を超す手術執刀経験がある。深部子宮内膜症に対して、腹腔鏡下手術で病変の剥離、切除や組織・臓器の再建を行うことができる日本で唯一の医師。大型の子宮筋腫や多発筋腫... 続きを読む→

  • 伊熊健一郎 (いくまけんいちろう)
    伊熊健一郎 (いくまけんいちろう) 医師
    谷川記念病院(大阪府)3病院のクチコミ   副院長  婦人科内視鏡外科、低侵襲治療センター

    伊熊健一郎医師は、1980年代初め、当時、特に生殖医療においては最先端の治療を行っていたオーストラリアにて1981年から1年間留学をした。その間に、臨床面では腹腔鏡と体外受精の技術などを学び、1983年より兵庫医科大学において体外受精のプロジェクトを立ち上げた... 続きを読む→

  • 大須賀穣 (おおすがゆたか)
    大須賀穣 (おおすがゆたか) 医師
    東京大学医学部附属病院(東京都)28病院のクチコミ     女性診療科、女性外科

    患者数が急増している子宮内膜症や子宮筋腫を専門とし、それらを原因とした不妊症の治療にも積極的にあたっている。治療は、妊娠希望の有無、年齢、症状などを考慮し、対症療法・ホルモン療法・手術療法の中から各患者に最善の方法を選択している。手術をする場合には、患者の負担... 続きを読む→

  • 北脇 城 (きたわきじょう)
    北脇 城 (きたわきじょう) 医師
    京都府立医科大学附属病院(京都府)13病院のクチコミ     産婦人科

    最初は女性ホルモンの研究と手術にあこがれて産婦人科医を志した。米国留学後に女性ホルモンであるエストロゲンと子宮内膜症の研究成果を発表したことがきっかけで、この原因不明の疾患にのめりこんでいったという。1999年より当時では全国的にも稀であった「子宮内膜症外来」... 続きを読む→

  • 小林 浩 (こばやしひろし)
    小林 浩 (こばやしひろし) 医師
    奈良県立医科大学附属病院(奈良県)12病院のクチコミ     産婦人科

    ハイリスク妊婦の出産など緊急性や難易度の高い治療を含め、圧倒的な症例数と質をベースに多くの患者と向き合ってきた小林浩医師。子宮内膜症・子宮筋腫といった良性疾患の治療にも定評があり、手術治療では患者への負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に取り入れる。また、最先端医... 続きを読む→

  • 竹田 省 (たけださとる)
    竹田 省 (たけださとる) 医師
    順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都)61病院のクチコミ     産科・婦人科

    内視鏡手術手技の高度な専門技術を持った医師で構成されたチームを率い、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫等の治療を行っている。巨大筋腫の核出、腸管子宮内膜症、子宮体がんの腹腔鏡手術など「難易度の高い症例」に挑み、成功してきた実績は目覚ましく、腹腔鏡下手術... 続きを読む→

  • 堂地 勉 (どうちつとむ)
    堂地 勉 (どうちつとむ) 医師
    鹿児島大学附属病院(鹿児島県)4病院のクチコミ     鹿児島大学名誉教授

    鹿児島大学病院の産科婦人科は以前、堂地勉医師が科長を務め指揮を執っていた部門であり4つの専門グループが全ての診療領域をカバーし、安全性の高い高度医療を実施している。研究・教育面でも、九州における女性医学研究のメッカである。子宮内膜症・子宮筋腫など良性の婦人科疾... 続きを読む→

  • 原田 省 (はらだたすく)
    原田 省 (はらだたすく) 医師
    鳥取大学医学部附属病院(鳥取県)8病院のクチコミ     女性診療科群(女性診療科・婦人科腫瘍科)

    原田省医師は、研究と日々の臨床に直結した治療を実践。子宮内膜症の細胞の増殖に炎症反応が関与することを解明し、これに基づいた治療薬への検討を続けている。臨床面では、腹腔鏡下手術を積極的に行いつつ、2010年11月からはdaVinciを使ったロボット支援子宮全摘出... 続きを読む→

  • 深谷孝夫 (ふかやたかお)
    深谷孝夫 (ふかやたかお) 医師
    東北薬科大学病院(宮城県)    産科婦人科

    深谷孝夫医師は日本産科婦人科学会理事や日本産科婦人科内視鏡学会副理事長を務める女性疾患の専門医。外来では初診を担当し、患者の病状を迅速かつ的確に把握。最先端の治療法に関する豊富な知識を活かし、個々の治療の特性や効果を十分に考慮したうえで、各患者にとって最適な治... 続きを読む→

  • 百枝幹雄 (ももえだみきお)
    百枝幹雄 (ももえだみきお) 医師
    聖路加国際病院(東京都)65病院のクチコミ   副院長  女性総合診療部

    子宮内膜症治療の新薬の臨床試験に関わり、世界に先駆け日本での使用を可能にした立役者のひとり。一方で、内視鏡手術の名手としても知られ、聖路加病院が2011年に導入した手術支援ロボット・ダヴィンチを用いた手術でも中心的役割を担う。月経困難症や子宮内膜症の疫学研究班... 続きを読む→

  • 若槻明彦 (わかつきあきひこ)
    若槻明彦 (わかつきあきひこ) 医師
    愛知医科大学病院(愛知県)23病院のクチコミ     産科・婦人科

    女性医学の中でも、とくに女性のホルモン療法については1990年代から数多くの研究を行ってきた。多数の欧文著名論文を報告し、世界的にも注目されている。子宮筋腫や子宮内膜症のホルモン療法ではピルや黄体ホルモン、GnRHアナログ療法、閉経後のホルモン補充療法等も専門... 続きを読む→