ドクターズガイド

冷え症

医師(五十音順)

  • 石川友章 (いしかわともあき)
    石川友章 (いしかわともあき) 医師
    医療法人社団方伎会 石川クリニック(東京都)1病院のクチコミ   理事長、院長  内科、胃腸科、小児科、神経科、精神科、皮膚科

    石川友章医師は、漢方医学を用いて、冷え症をはじめ、更年期障害・アレルギーからインフルエンザ・がんまで万病を診療する。「しゃっくり」のような、西洋医学では扱われない症状でも、漢方なら治療法があるという。慈恵医大で西洋医学を学び、内科医となったが、ステロイド、免疫... 続きを読む→

  • 伊藤 剛 (いとうごう)
    伊藤 剛 (いとうごう) 医師
    北里大学東洋医学総合研究所(東京都)  所長補佐 

    伊藤剛医師は、1997年に日本初の冷え症外来を始めた北里研究所東洋医学総合研究所で、冷え(寒熱)の研究に従事。東洋医学(漢方と鍼灸)と西洋医学を駆使し、冷え症以外にも「証」や「こり」の研究を始め、自律神経疾患、ストレス性疾患、消化器疾患、疼痛性疾患等さまざまな... 続きを読む→

  • 伊藤 隆 (いとうたかし)
    伊藤 隆 (いとうたかし) 医師
    東京女子医科大学 東洋医学研究所クリニック(東京都)7病院のクチコミ     東洋医学研究所

    伊藤隆医師は日本を代表する漢方家の一人。日本東洋医学会では『日本東洋医学雑誌』の編集長・編集担当理事を務め、現在常務理事を担当している。常に最新の東洋医学に接し、取り入れられる環境をもつ。「西洋医学の土台の上でこそ、東洋医学が力を発揮する」という考えのもと、時... 続きを読む→

  • 川嶋 朗 (かわしまあきら)
    川嶋 朗 (かわしまあきら) 医師
    一般財団法人東洋医学研究所附属クリニック(東京都)    自然医療部門

    川嶋朗医師は、日本の大学として初めて統合医療の診療をおこなう施設である東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニックを開設し、2014年4月より現職。近代西洋医学と代替・相補・伝統医療を統合した医療をめざして日々診療をおこなっている。なによりも患者の生活の質... 続きを読む→

  • 久保田達也 (くぼたたつや)
    久保田達也 (くぼたたつや) 医師
    久保田内科医院(北海道)  院長  内科、胃腸科

    1966年開業の久保田内科胃腸科医院は、2016年久保田内科医院に院名を変更し久保田達也医師が院長となる。当院は当初から東洋医学を取り入れた診療を中心に行ってきた。院長を務める久保田達也医師も、伝統的な日本漢方医学に基づいた診断・治療・生活指導を行う。一般内科... 続きを読む→

  • 嶋田 豊 (しまだゆたか)
    嶋田 豊 (しまだゆたか) 医師
    富山大学附属病院(富山県)3病院のクチコミ     和漢診療科

    嶋田豊医師は東洋医学と西洋医学を融合した、現代における漢方医学の全人的治療を行っている。冷えや虚弱、更年期障害、胃腸障害、アトピー性皮膚炎、生活習慣病など、様々な疾患・症状に対して、個人個人の体質に合わせたオーダーメイド治療を、漢方診療を通して実践している。難... 続きを読む→

  • 武田 卓 (たけだたかし)
    武田 卓 (たけだたかし) 医師
    近畿大学東洋医学研究所(大阪府)    近畿大学医学部附属病院 漢方診療科

    武田卓医師は、近畿大学東洋医学研究所長赴任を機に産婦人科医としての専門性を生かした女性漢方外来と冷え症外来とを開設。従来からの東洋医学の枠組みにとらわれず、西洋医学の確かな専門性を持ったうえでの漢方治療を実施。併行して研究活動を続けており、分子細胞生物学手法に... 続きを読む→

  • 寺澤捷年 (てらさわかつとし)
    寺澤捷年 (てらさわかつとし) 医師
    千葉中央メディカルセンター(千葉県)5病院のクチコミ     和漢診療科

    寺沢捷年医師は、千葉大学在学中より西洋医学と並行して藤平健・小倉重成に師事し、漢方を学ぶ。日本初の漢方と西洋医学を統合する和漢診療部を設立した富山医科薬科大学の教授・医学部長・病院長、日本東洋医学会会長などを歴任。「漢方はわが国の統合医療の中核をなしていくもの... 続きを読む→

  • 新見正則 (にいみまさのり)
    新見正則 (にいみまさのり) 医師
    帝京大学医学部附属病院(東京都)28病院のクチコミ     外科 血管・漢方・未病・冷え症外来

    新見正則医師は、帝京大学医学部附属病院において国内で初めて保健診療のセカンドオピニオン外来(外科一般)を開設し、その普及に尽力してきたこの分野のパイオニアである。テレビや新聞などメディアでの紹介も数多い。また、新見医師は西洋医であるとともに漢方医でもあり、同科... 続きを読む→

  • 三潴忠道 (みつまただみち)
    三潴忠道 (みつまただみち) 医師
    福島県立医科大学 会津医療センター(福島県)  附属病院 副院長  漢方医学センター

    学生時代から有名な漢方医の指導を受け「外来受診者だけではなく、入院が必要な重症患者にこそ漢方を使って役に立ちたい」と志向する。大学卒業後は西洋医学の研修を経て、漢方本来の生薬を用いた入院診療を実践。富山医科薬科大学(現・富山大学)和漢診療部や、飯塚病院漢方診療... 続きを読む→

  • 山田享弘 (やまだたかひろ)
    山田享弘 (やまだたかひろ) 医師
    金匱会診療所    東洋医学漢方専門

    山田享弘医師は日本の代表的漢方医療施設を率い、東洋医学会の指導的立場にある。日本漢方の伝統的な手法に則った診療を行い、品質の高い生薬で湯液中心のオーダーメイド治療を行っている。漢方的診断である「証」を正しく決定するため必ず脈や腹を診る。安全安心を第一に考え、で... 続きを読む→

  • 渡邉賀子 (わたなべかこ)
    渡邉賀子 (わたなべかこ) 医師
    麻布ミューズクリニック(東京都)  名誉院長  女性内科、漢方内科

    渡邉賀子医師は1997年に北里研究所・東洋医学総合研究所にて日本初の「冷え症外来」、2003年に慶応義塾大学病院漢方クリニックにて女性専門外来「漢方女性抗加齢外来」の開設にそれぞれ携わる。2004年には女性専門外来の麻布ミューズクリニックを開院。現在は、同クリ... 続きを読む→