ドクターズガイド

鮫島 浩 医師 (さめしまひろし)

鮫島 浩 (さめしまひろし) 医師

宮崎大学医学部附属病院(宮崎県)2病院のクチコミ
産科婦人科 総合周産期母子医療センター
教授 科長 センター長

専門

産婦人科学、周産期医学、胎児生理学、胎児・新生児医学

医師の紹介

鮫島浩医師は、宮崎県の周産期医療を全国トップレベルに引き上げた功労者のひとり。県全域を網羅した周産期医療ネットワークを構築し、県全域をフィールドにした周産期臨床研究を国際的に発信し続ける。同時に、若手研究者の国際的な頭脳循環にも取り組む。研究は「胎児心拍数モニタリング」「糖尿病が母体と児に及ぼす影響」「分娩中の胎児血圧測定に関する新たな方法の開発」など。地域医療を重んじ、日常の臨床で研鑽を積みつつ、診療及び研究面でも世界で通用する若手産婦人科医の育成を目指す。

診療内容

「お産のトラブルを解決しながら、次世代を産み出す手伝いをするのが産婦人科医の仕事。私が働き始めたころは、赤ちゃんが助かるかどうかの境目は妊娠28週とされていましたが、周産期医療が発展し、今では22週で助かる例が増えています」と鮫島医師。
同院には9床の新生児集中治療室(NICU)、NICUの治療により状態が安定した新生児の経過を観察するための12床の継続保育室(GCU)、2つの分娩室とハイリスク妊婦および胎児を24時間監視するための母体胎児集中治療室(MFICU)3床を備えた「総合周産期母子医療センター」が完備する。分娩室のひとつはLDR(陣痛・分娩・回復室)として機能し、もうひとつは、多胎や未熟児の分娩時や超低出生体重児の手術に利用される。鮫島医師は、このセンター長を務めている。
NICUでは超低出生体重児(出生体重1,000g未満)、極低出生体重児(出生体重1,500g未満)を含む早産児をはじめ、先天性心疾患、先天性消化管疾患、脳外科的疾患などの外科的治療を要する児、その他代謝疾患など集中治療を必要とされるあらゆる新生児疾患の赤ちゃんを受け入れる。一方、母体部門であるMFICUでは、種々の母体合併症・胎児合併症を有する妊婦に対する集中管理を行う。母体の血圧や心拍数、尿量などをチェックし、胎児心拍数モニタリングを行うことで、お母さんと赤ちゃんの健康状態を24時間体制で診ている。さらに、子宮内胎児の診断と治療も。胎児採血(臍帯穿刺)や胎児の腹水・胸水の採取あるいは羊水穿刺を施行し、胎児から直接得られた検体をもとに胎児を診断。同様の手技を行い、胎児への薬物投与、輸血、胸腹水の除去等の治療も行っている。
「子宮内の胎児から新生児までを統一した一連の流れのなかで治療し“母児”を中心としたユニットとして機能しています」と、そのシステムについて語る鮫島医師。
「周産期医療を行うにあたって他科との綿密な連携は欠かせません。日々、小児科、小児外科、消化器外科、小児循環器、心臓外科、脳神経外科、眼科などの医師と協力しながら胎児および新生児の治療にあたっています」チーム医療による新生児外科疾患の治療成績向上が、そのまま児全体の生存率の向上に直結し「全国最低レベルの周産期死亡率」が達成されている。

診療を受けるには

初診受付時間は平日8:30~11:00、診療時間は9:00~17:00。産科婦人科での鮫島医師の担当は金曜。

累積症例数または患者数

分娩数約2万例、新生児約4,000例。

年間症例数

母体300例、新生児150例。

医師のプロフィール

経歴
1981年 鹿児島大学医学部 卒業
1983年 米国ロマリンダ大学留学
1986年 鹿児島市立病院
1995年 宮崎大学医学部講師
2011年 宮崎大学医学部生殖発達医学講座産科婦人科学分野教授
所属学会・認定・資格

日本産科婦人科学会、日本母体胎児医学会、日本周産期・新生児医学会、日本産婦人科新生児血液学会、日本糖尿病・妊娠学会、SGI学会、アメリカ産婦人科学会、日本産婦人科学会専門医、日本周産期・新生児学会専門医・暫定指導医、新生児蘇生インストラクター

主な著書(編集・共著含む)

『産科臨床ベストプラクティス誰もが迷う93例の診療指針』(2004年 医学書院/共著)amazonでみる⇒
『周産期の出血と血栓症 その基礎と臨床』(2005年 金原出版/共著)amazonでみる⇒
『口唇口蓋裂における基礎研礎研究と予防の現状』(丸善/共著)
『エッセンッシャル産科学・婦人科学』(1996年 医歯薬出版/共著)amazonでみる⇒
『女性の糖尿病 診療ガイダンス』(2004年メジカルビュー社/共著)amazonでみる⇒
『ベッドサイドの新生児の診かた』(2009年 南山堂/共著)amazonでみる⇒
『今日の治療指針2005年版』(2005年 医学書院/共著)amazonでみる⇒
『看護のための最新医学講座[第2版]産科疾患』(2001年 中山書店/共著)amazonでみる⇒
『妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群へ-過去から未来へ-』(2005年メジカルビュー社/共著)amazonでみる⇒
『母子感染』(2011年 金原出版/共著)amazonでみる⇒
『OGS NOW 4産科手術 必須術式の完全マスター』(2010年 メジカルビュー社/共著)amazonでみる⇒
『NICU看護の知識と実際』(2010年メディカ出版/共著) amazonでみる⇒
『今日の治療指針 2010』(2010年 医学書院/共著)amazonでみる⇒
『講義録 産科婦人科学』(2010年メジカルビュー社/共著)amazonでみる⇒
『MFICU 母体・胎児ICUマニュアル』(2008年メディカ出版/共著)amazonでみる⇒
『今日の治療指針 2007年版』(2007年 医学書院/共著)amazonでみる⇒

予防に心がけたいこと

仰臥位低血圧症候群の予防は、下大静脈の圧排を予防することが大事。そのためには、母体の左を下にして寝ること。あるいは子宮を持ちあげたり、子宮を左方向に移動させたりして、下大静脈の圧排を解除・軽減させること。さらに背中を30度以上持ちあげたセミファーラー位も有効。

費用のめやす

すべて保険診療内