ドクターズガイド

金山尚裕 医師 (かなやまなおひろ)

金山尚裕 (かなやまなおひろ) 医師

浜松医科大学医学部附属病院(静岡県)1病院のクチコミ
産婦人科
教授

専門

ハイリスク妊娠・分娩

医師の紹介

浜松医科大学医学部附属病院産婦人科の中心的存在。ハイリスク妊娠分娩において、国内でもトップクラスの実績と経験を誇るスペシャリストである。浜松医科大学は羊水塞栓症研究の拠点となっているがその責任者でもある。またからだに易しい特殊医療機器を用いた検査・治療で患者を厚くサポート。診療においては体質改善の指導も積極的に行い自然治癒力も重視する。様々なアプローチで母子の健康を守る。2009年には、妊娠を望む人や高齢妊婦のためのサプリメント(アルギニン・葉酸ドリンク剤「エンゼルストーク」)を開発した。

診療内容

金山医師が教授として牽引する同院・産婦人科は、産科部門(周産母子センター産科)と婦人科部門で構成されている。
産科部門では、緊急手術への対応可能な分娩室を設置。痲酔科と連携し無痛分娩を推進している。ハイリスク妊娠分娩についてはその他にも、ウリナスタチン腟坐剤による切迫早産治療、頸管熟化不全の治療、血栓傾向を有する妊婦に対する抗凝固療法など、様々な実績を重ねてきた。特に、羊水塞栓症(羊水が母体血中へ流入することによって引き起こされる肺毛細管の閉塞を原因とする肺高血圧症とそれによる呼吸循環障害)に対する血清診断においては国内をリードする存在であり、羊水塞栓症診断の正確な情報を全国に向けて発信している。2015年には胎児や新生児の状態をより精度良く診断する指接着型オキシメーター(トッカーレ)を開発し注目されている。
金山医師は、女性の体質改善におけるエキスパートでもあり、思春期の各疾患、不妊症、ハイリスク妊娠、更年期の体質改善指導も積極的に行っている。
2009年には、サプリメント(アルギニン・葉酸ドリンク剤「エンゼルストーク」)を開発・発表。これは主に、高齢妊娠や妊娠高血圧症候群のリスクがある人の栄養補助や、妊娠を望むカップルの体質改善の一助となるものである。
金山医師は次のように語っている。「現在は、生活習慣の悪化による不妊症や、晩婚化に伴う合併症妊娠など、社会の変化と共に妊娠、出産がだんだんと難しくなってきています。その中で私たち医師は、女性の健康増進や病気の予防にますます努めなければなりません。安心して出産できる環境を作り、元気な赤ちゃんを産んでもらう。それが、地域活性化のためにも必要不可欠です。そのために私たちは、お母さんが子供を妊娠する前から無事出産するまで、しっかりとサポートし、見届けていかなければならないと思っています」

診療を受けるには

要予約、要紹介状。

医師のプロフィール

経歴
1980年 浜松医科大学医学部卒業、浜松医科大学産婦人科 研修医
1982年 遠州総合病院 勤務
1988年 浜松医科大学大学院医学研究科博士課程修了、浜松医科大学医学部助手
1994年 浜松医科大学医学部 講師
1999年 浜松医科大学医学部 教授
2004年 浜松医科大学医学部附属病院 副院長
所属学会・認定・資格

日本産科婦人科学会、日本生殖医学会、日本周産期新生児学会、日本胎盤学会、日本妊娠高血圧学会、日本産婦人科新生児血液学会、日本血栓止血学会、日本母体胎児学会、日本産婦人科栄養代謝学会

予防に心がけたいこと

生活習慣ストレスを減らす、栄養のアンバランスの解消等