ドクターズガイド

重村 淳 医師 (しげむらじゅん)

重村 淳 (しげむらじゅん) 医師

防衛医科大学校病院(埼玉県)
精神科
准教授

専門

災害精神医学(特に災害救援者・支援者のメンタルヘルス)、PTSD

医師の紹介

慶應義塾大学医学部を卒業後、1999年より防衛医科大学校精神科学講座助手、米国軍保健科学大学精神科教室トラウマティック・ストレス研究センター客員研究員(2003~5年)を経て、2006年より現職。災害で影響を受けた人々、特に災害救援者や支援者のメンタルヘルスを専門とする。東日本大震災では地震発生から9日後の3月20日には宮城県仙台市に入り、自衛隊員や行政職員など復旧に奔走する救援者のサポートに従事。以来、被災地派遣活動は合計30回を数え、現在も続けている。日本トラウマティック・ストレス学会副会長、日本精神神経学会 東日本大震災特別委員会委員。現在、外来診察は行っていない。

診療内容

同院精神科では、初回診察では、予診にて、これまでの経過・生活・関連事項を詳しくお尋ねします。その上で、本診察を実施し、多方面からの十分な評価とともに今後の治療方針を決めていきます。薬物療法を行う場合は、研究データに基づく合理的な投与を行い、症状が改善した後も、再発を予防するための包括的な治療を行います。

診療を受けるには

重村医師は、現在、外来診察を行っていない

医師のプロフィール

経歴
1994年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
1999年5月 防衛医科大学校 精神科学講座 助手
2003年5月 兼 米国軍保健科学大学 精神科教室 トラウマティック・ストレス研究センター 客員研究員
2006年4月 防衛医科大学校病院 精神科 講師
2014年4月 防衛医科大学校病院 精神科 准教授
所属学会・認定・資格

所属学会:日本トラウマティック・ストレス学会(副会長など)、日本精神神経学会(東日本大震災特別委員会 委員など)、日本集団災害医学会(評議員)、日本社会精神医学会(理事)など
認定・資格:日本精神神経学会専門医・指導医、精神保健指定医

主な著書(編集・共著含む)

『大震災と子どものストレス』(2011年 誠信書房)
『PTSDの伝え方―トラウマ臨床と心理教育』(2012年 誠信書房)amazonでみる⇒

予防に心がけたいこと

災害のような強い衝撃を受けても、人はそこから回復する力を持っています。そのため、そのストレス反応は次第に収まっていきます。しかし、救援者・支援者は、仕事の中で強いストレスを受けざるをえないため、その負担はより一層となりがちです。変調が一ヶ月以上続いたり、生活に支障をきたしたりする場合は、早めのご来院をすすめます。

費用のめやす

保険診療に基づく