ドクターズガイド

辻川明孝 医師 (つじかわあきたか)

辻川明孝 (つじかわあきたか) 医師

京都大学医学部附属病院(京都府)13病院のクチコミ
眼科
科長・教授

専門

網膜硝子体、黄斑疾患、眼循環疾患

医師の紹介

京都大学眼科学教室では、教授の辻川明孝医師が中心となり、眼科領域の種々の疾患の病態解明と治療法の開発を目指して研究を行っている。中でも網脈絡膜疾患研究が盛んで、加齢黄斑変性、網膜色素変性症などの主要な疾患の病態解明や幹細胞を使った網膜血管再生などの細胞治療の研究、さらに緑内障、糖尿病網膜症などの変性疾患に対し、これまでにない新しい治療法の開発などの研究も行っている。

診療内容

加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の中心部である黄斑という組織が、ダメージを受けて変化し、モノが歪んで見える、視野の中心が暗くなる、欠ける、視力の低下などを引き起こす病気で、詳細な原因は分かっていない。失明の可能性もある。
欧米では成人の失明原因の第1位になっており、ライフスタイルの欧米化などの影響もあり、近年、日本でも増加している病気で、高齢になるほど多く見られる。
加齢黄斑変性には大きく分けて萎縮型と滲出型の2種類がある。萎縮型は、現在治療方法がないが、滲出型には、いくつかの治療法が新たに開発されて、多くの患者さんで視力の維持や改善が得られるようになってきた。
京都大学医学部附属病院眼科では、黄斑外来に特に力を入れ加齢黄斑変性に対する光線力学療法(PDT)や 抗血管内皮増殖因子(VEGF)療法と遺伝的背景の関係を検討し、オーダーメイド医療をめざすなど、高度な先進的医療に取り組んでいる。

診療を受けるには

原則、他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)等を持参、紹介状がない場合は、診療費の他に別途費用が必要となる。詳細は病院ホームページを参照。
辻川医師の外来は、火曜の午前、黄斑特別外来は、木曜の午前(専門外来は完全予約制)

医師のプロフィール

経歴
1993年 京都大学医学部 卒業
1993年 京都大学医学部附属病院 眼科 研修医
1994年 倉敷中央病院 眼科 研修医
1996年 京都大学大学院医学研究科
1999年 Children's Hospital Boston 留学
2001年 神戸市立中央市民病院 眼科 副医長
2005年 京都大学医学部附属病院 眼科 助手
2009年 京都大学大学院医学研究科 眼科学 講師
2014年 香川大学医学部 眼科学 教授
2017年 京都大学大学院医学研究科 眼科学 教授
所属学会・認定・資格

医学博士、日本眼科学会専門医・専門研修指導医、眼科PDT認定医

日本眼科学会(理事)、日本眼科医会、日本網膜硝子体学会(理事)、日本眼循環学会(理事)、日本近視学会(理事)、日本微小循環学会
American Academy of Ophthalmology、
Association for Research in Vision and Ophthalmology

主な著書(編集・共著含む)

『加齢黄斑変性』(2008年 医学書院) 執筆協力amazonでみる⇒

文献:患者由来iPS細胞を用いた加齢黄斑変性の病態解明・治療法の開発研究

予防に心がけたいこと

禁煙。緑黄色野菜を取り、肉中心の食事より魚中心の食事を勧める。ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと発症が少なくなる。
時々片目ずつモノを見る習慣をつけ、おかしいと感じたら早めに受診する。

費用のめやす

保険診療(詳細は病院ホームページ参照)

発信メディア(ホームページ、ブログ、Twitter、facebook等)

京都大学大学院医学研究科眼科学教室: