ドクターズガイド

藤本吉範 医師 (ふじもとよしのり)

藤本吉範 (ふじもとよしのり) 医師

JA広島総合病院(広島県)5病院のクチコミ
整形外科 病院長

専門

脊椎脊髄外科、顕微鏡手術

医師の紹介

病院全体の医療サービスのクオリティ向上を目指す、病院長という重職にありながら、週2回は外来診療を担当して患者と直接向き合う。脊椎外科が専門で顕微鏡を用いた脊椎手術や、骨折した脊椎を骨セメントで固定する先進医療に早くから取り組み、近年はより人に優しく回復が早い「経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術(PED)」も治療に取り入れている。また、広島東洋カープとサンフレッチェ広島のチームドクターを務め、アスリートの治療を通して得られたノウハウを一般患者の治療にも役立てている。

診療内容

同院の整形外科は、脊椎脊髄外科の手術を中心に、骨粗鬆症性椎体骨折に対する経皮的後弯矯正術、関節疾患に対する人工関節、大腿骨頸部骨折等の外傷に対する手術など、幅広い治療を実践している。
脊椎脊髄疾患については、藤本医師をはじめとする経験豊富な脊椎脊髄病の専門医が、手術用の特殊な顕微鏡を用いて、身体への負担が小さく、合併症の少なく安全性が高い手術を行っている。手術に用いられる顕微鏡は、明るく大きな視野を三次元的に見ることができ、安全・確実に目的とする施術が行えることが特長だ。さらに、頚椎・胸椎など脊髄高位の手術を行う場合は、脊髄の機能を電気生理学的にチェックできる術中脊髄モニタリングを行うことで、いっそう安全性を高めている。脊椎手術の場合、通常は翌日には歩けるようになり、約2週間で退院できる。長期間リハビリが必要な場合は専門の病院が紹介され、適切な治療を継続することができる。また、2011年より「経皮的後弯矯正術(バルーンカイフォプラスティ)が」が保険適応となり、同院でも施行例が増えている。高齢者で骨粗鬆症による背骨の骨折の痛みが改善しない患者に対して、背骨の骨折部を可能なかぎり復元して骨セメントを注入するという、非常に身体に優しい手術だ。世界一といわれる超高齢化社会を迎え、骨粗鬆症や腰部脊柱管狭窄症といった脊椎の病気が急増しているなか、今後ますます注目を集めそうだ。
腰椎椎間板ヘルニアの手術でも、人の身体に優しい低侵襲の手術が取り入れられている。現在のところ治療法は、安静、薬物療法、コルセット、各種ブロック療法といった保存療法と、保存療法で効果が期待できない場合の手術があり、手術では同科が主に行っている顕微鏡下ヘルニア摘出術のほか、内視鏡下ヘルニア摘出術、経皮的髄核摘出術がある。最近では、新世代の低侵襲手術として着目される「経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術(Percutaneous endoscopic discectomy:PELD)」にも対応している。体内に内視鏡を挿入してヘルニアを摘出する方法で、傷口はわずか1センチ。一般的な顕微鏡下の手術は全身麻酔下で行われ、ヘルニアを摘出するために靭帯、骨の一部切除する必要があるのに対して、PEDは局所麻酔でヘルニアだけを切除できる。術後の痛みが少ないことが特徴で、入院期間も短くて済む。ただし、脊柱管狭窄症を合併している人や、ヘルニアが椎間板から1cm以上移動していたり、椎間板腔が狭くなっていたりする場合は、PEDを適応することが困難なケースがある。このため同科では、手術前に詳細な検査を実施して、患者一人ひとりに最も適した治療法が慎重に選択される。

診療を受けるには

紹介状がない場合は、8:30~10:00に受付をして、病状を伝えた上で後日の診療を予約する。
藤本医師は月曜日(初診)と水曜日(再診)を担当する。

年間症例数

平成22年手術件数 1,083件。このうち脊椎脊髄疾患は647件(整形外科全体の手術件数)。

医師のプロフィール

経歴
1979年3月 広島大学医学部医学科 卒業・整形外科入局
1981年1月 中電病院整形外科医師
1987年4月 広島大学医学部助手
1988年6月 庄原赤十字病院整形外科部長
1989年 香港大学整形外科 (Dr. PC Leong)留学
1990年1月  広島大学医学部助手
1990年7月  医学博士(広島大学)
1994年4月  広島大学医学部附属病院講師
1996年  ジョージア州Emory(エモリー) 大学脊椎センター(Dr. JG Heller )留学
2003年1月 広島大学医学部助教授
2004年4月 厚生連広島総合病院整形外科主任部長
2009年1月 厚生連広島総合病院 副院長
2012年4月 厚生連広島総合病院 院長
所属学会・認定・資格

日本整形外科学会専門医。日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会評議員、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本リハビリテーション学会臨床認定医、北米脊椎外科学会メンバー、米国頚椎外科学会メンバー、サンフレッチェ広島チームドクター、広島東洋カープチームドクター、広島県サッカー協会医事委員長、臨床研修指導医

主な著書(編集・共著含む)

『椎体形成術ハンドブック』(南江堂)2012年秋 発刊予定 

予防に心がけたいこと

腰椎椎間板ヘルニアを予防するためには、中腰姿勢を長時間とらない、肥満を防止する、適度な運動を習慣にすることなどが大切。スポーツ選手の場合は、正しい姿勢、エゴスキュー理論の教育、連鎖運動強化などを心がけたい。

発信メディア(ホームページ、ブログ、Twitter、facebook等)

YouTube “ジョニ丸”