ドクターズガイド

病気の解説

顎関節症

病気・症状

顎関節症は、あごの関節の病気で最も多い疾患。「あごが痛む(顎関節痛)」「口が開かない(開口障害)」「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」のうち、一つ以上の症状があり、鑑別診断で他の疾患がない病態を言う。成人の46%が顎関節に何らかの症状を持っているとの調査報告もある、極めてポピュラーな疾患だ。食事ができないほど口が開けなくなる等、よほど悪化しないと受診しない傾向が大きいため、潜在的な患者数はかなり多いと思われる。

検査・治療

確定診断には、MRI検査で、顎関節症に特徴的に見られる関節円板(顎関節のクッションの役割を担う組織)のズレを調べる。類似の症状を示す疾患との鑑別診断と治療のためにもMRI検査は不可欠だ。

治療は、消炎鎮痛藥の規則的な服用で、関節内の炎症を鎮めるとともに、スプリントといわれる顎関節用のマウスピースを歯列全体にかぶせる方法が一般的。これは、かみ合わせを調整しながら関節円板をもとに戻したり、噛みしめ時の関節の負担を軽くする治療法。これで改善しない場合は、関節の中(関節腔内)に局所麻酔をして徒手的にズレを治したり、点滴注射で関節の中を洗い、潤滑剤を注入することもある。開口訓練、マッサージや温湿布で血行をよくするなどの理学療法的な方法も効果的。また、円板が癒着して関節の中で動かなくなった場合、歯科口腔外科のある病院では、入院し、円板を切り離す手術を行うが、主流は、関節付近に小さな穴を開けるだけで済む内視鏡手術だ。

症状が一旦消えても、無理をするとまた症状が出てくることもある。顎関節症に一度罹患したら、ビーフジャーキー、スルメなど、奥歯でかみしめる食べ物や、歯をかみしめる癖、あごを後ろに引く動きが必要なフルートなどの管楽器の演奏は控えるなど、あごに負担のかからない生活を心がけたい。

ドクター・病院選びのポイント

治療は、歯科あるいは歯科口腔外科の顎関節専門外来へ。専門医かどうかは、ホームページ等で確認を。すぐに歯を削りたがる医師には要注意。歯は慎重に削らないと、逆に噛みあわせが悪くなる危険が高い。診察時に話しをよく聞き、他の疾患との鑑別をしっかり行ってくれるか否かも重要。一般の歯科で、治療開始から2週間経っても症状が改善しない場合には、顎関節症専門医に相談することをおススメする。


監修

覚道健治歯科医師:大阪歯科大学附属病院 病院長