ドクターズガイド

病気の解説

肺がん

病気・症状

肺がんとは、肺と気管支から発生するがんの総称。気管、気管支、肺胞が正常な機能を失い、細胞ががん化することによって発生する。肺がんは大きく分けて「小細胞肺がん」と「非小細胞がん」の2つの型に分類される。非小細胞肺がんは、肺がん全体の約80%を占め、早期に発見すれば治癒する可能性が高い。小細胞肺がんは、増殖が速く、脳・リンパ筋・肝臓・副腎・骨などに転移しやすい悪性度が高いがんで、喫煙者に罹患する場合が多い。肺がんの全体の90%以上は喫煙が原因と考えられている。肺がんによる自覚症状には、咳、痰、血痰、発熱、胸痛などがある。

検査・治療

肺がんの検診は、胸部X線検査または胸部CT検査を行い、自覚症状が出る前に異常な陰影を発見する。最近では、従来のCTと比べて精度が高く、小さながんの見落としも少ない、胸部ヘリカルCTやマルチスライスCTを用いるところもある。これに喀痰細胞診(かくたんさいぼうしん)を加えると、より精度が高まる。非喫煙者の場合は最低2年に1回、胸部CT検査を行うことで、がんが発見されたとしても早期のため、治癒する可能性が高い。喫煙者の場合でも最低年1回の検診を行うようにする。

肺がんの治療には、大きく分けて、外科治療(手術)、放射線治療、抗がん剤治療(化学療法)の3つがあり、治療は原則として、組織型(小細胞肺がん・非小細胞肺がん)、病期、患者の身体的状態の3つの要素で治療方針を決定する。小細胞肺がんの場合、どのような病期であっても基本的に化学療法が中心。外科手術の分野では、手術の低侵襲化が明確となり、体にやさしい手術へと進化。胸腔鏡手術に代表される低侵襲手術の問題点も見つかり、見直しが始まっている。放射線治療の分野でも、ピンポイント照射が広く行われるようになってきた。化学療法の分野では、新規の抗がん剤が投入され、治療の選択肢が広がった。ただ、単独では、治療効果に限界があるため、異なる治療法を併用する、集学的治療法が主流となっている。

ドクター・病院選びのポイント

肺がんにおいては、さまざまな組織型や病期においての標準治療がほぼ完成されている。まずは日本肺癌学会が作成している肺癌ガイドラインに沿って、治療を行っている医師、医療機関を選択することが賢明。複数の治療法を併用して行える集学的治療の環境が整っているとなおよい。

監修

淺村尚生医師: 慶應義塾大学医学部 外科学(呼吸器)教授