ドクターズガイド

病気の解説

白内障

病気・症状

「眼」をカメラに例えた場合に「レンズ」に相当する器官「水晶体」が濁り、透明性が障害された状態を白内障と呼ぶ。主な症状は「目がかすむ」「まぶしく感じる」など。濁り方はひとり一人違うため、自覚される症状はさまざまである。ただ、白内障だけでは痛みや充血はない。最も一般的な白内障は加齢に伴うものだが、その他、先天性・アトピー・糖尿病や外傷に起因するもの、ステロイド等薬剤使用によるものがある。

検査・治療

診断は水晶体の濁りの状態を調べる細隙灯顕微鏡検査によって行う。また術前には、眼底検査にて白内障以外の病気の有無や、手術が問題なく行えるかを調べる。眼に合う眼内レンズを選ぶために、視力・眼圧・屈折検査、角膜内皮細胞検査、眼軸長検査(眼内レンズの度数を決める)等の検査も必要となる。

白内障が発症した場合、薬で視力を回復させることはできず、手術が根本的な治療となる。「超音波水晶体乳化吸引術」という術式が広く用いられている。これは、まず角膜のわきを3ミリ程小さく切開して器具を挿入、濁った水晶体を超音波でくだいて吸い出し、その後「人工の眼内レンズ」を挿入するというもの。点眼麻酔で行い、傷口を縫う必要はない。最近では白内障手術の手術時間の短さが強調されているが、一番重要なことは時間の短さよりも、患者一人一人に対して、いかに丁寧に最善の治療を行うかである。日帰りも可能であるが、安全性を考えて、入院を勧めている施設もある。

手術直後から視力は回復するが、人によっては、ゆっくり視力が回復する人も多く、特に高齢者はその傾向がある。しかし、他の眼疾患が見られる場合には、白内障手術を行っても術後の視力が回復しない場合もある。

ドクター・病院選びのポイント

手術件数はある程度多い方が信頼できるので、ホームページ等で確認するとよい。その上で、術前検査をしっかりと行い、手術のメリットだけでなく、合併症等のデメリットについてもきちんと説明してくれる医師を選びたい。白内障以外の眼底疾患を見逃さず、治療しなければ、手術をしても見え方は回復しない。単に「手術をして終わり」ではなく、患者の生活上のニーズ等も考慮して治療してくれるのが、いいドクターであり、いい病院だ。

監修

谷口重雄医師: 小沢眼科内科病院 総院長