ドクターズガイド

病気の解説

狭心症・心筋梗塞

病気・症状

動脈硬化が進んで冠動脈の血流が悪くなった状態が狭心症。さらに状態が悪化して、完全に詰まってしまった状態が心筋梗塞だ。総称して虚血性心疾患とも呼ばれる。狭心症の場合は、胸の圧迫感や痛みなど一時的な発作で済む場合が多いが、心筋梗塞を起こすと失神するような激しい痛みに襲われ、最悪の場合は心臓が停止し、死に至る危険がある。狭心症の発作が30分以上続くときは心筋梗塞の疑いがある。また発作が頻繁に起きる場合は心筋梗塞のなりかかりと考えられるため救急対応が必要になる。

検査・治療

診断のための検査には様々なものがあるが、狭心症であれば発作時の心電図が一番確実なため、体に心電図の電極をつけた状態で踏み台やベルトコンベア等によって体を動かし、運動時の心電図を診る運動負荷テストを行う。ほか24時間の心電図を連続して記録するホルダー心電図法もある。狭心症・心筋梗塞共に確定診断で最も重要なのは、冠動脈造影検査(カテーテル検査)だ。これは手や足の血管の中からカテーテル(細いチューブ)を挿入し、造影剤を流しながら、X線透視で冠動脈の状態を撮影する検査で、閉塞している場所や狭くなっている場所を見つけ出すことができる。

治療は、病気の要因となる生活習慣の改善、冠動脈の中に血栓ができにくくする血小板凝集抑制剤等を投与する薬物治療、狭くなったり閉塞した血管に再び血流を取り戻す血行再建術の3本柱で行う、血行再建術にはカテーテルを使って血管の中から治療するPCIという方法と、外科手術によってバイパス血管(グラフト)を血管外から設置する冠動脈バイパス術とがある。PCIにするかバイパス術にするかの選択は、狭窄の仕方、詰まっている血管の数や場所、患者の年令や社会的背景等を考慮して決められる。

ドクター・病院選びのポイント

自分に合ったベストの治療を受けるには、心臓外科医、循環器内科医、麻酔科医等が連携して治療法を決定する、集学的なチーム医療を行っている病院が望ましい。そして術前には、治療法の検討結果をすべて患者に伝え、納得の上で進めてくれる医師を選びたい。また手術も重要だが、術後の管理も大切なので、それらの説明もきちんとしてくれる医師・病院は信頼できる。

監修

落 雅美医師:医療法人社団葵会 川崎南部病院 副理事長 心臓血管外科顧問