ドクターズガイド

病気の解説

慢性腎臓病

病気・症状

慢性腎臓病は、3カ月以上持続する尿異常(蛋白尿、血尿)、腎形態異常または腎機能(eGFR)が約60%未満まで低下した状態で、慢性糸球体腎炎や高血圧性腎硬化症、糖尿病性腎症、多発性嚢胞腎など、放っておけば腎臓の働きが弱り、いずれ透析に至る可能性のあるような腎臓病の総称で、「CKD(Chronic Kidney Disease)」とも呼ばれる。増え続ける腎臓病による医療費増大を背景に、早期発見と対策をめざして生まれた新しい病気の概念だ。自覚症状はほとんどないため、だるさやむくみで病院を受診する頃には既に、人工透析や腎移植を必要とする末期腎不全になっている場合が多いのが特徴。高血圧、糖尿病、家族歴がある場合には、発病するリスクが高い。

検査・治療

検査は、尿中のタンパク質の濃度を調べる尿検査と、血液中のクレアチニンの量を調べる血液検査を行う。「クレアチニン」は、血液中の老廃物のひとつで、通常は腎臓でろ過されてほとんどが尿の中に排出されるが、腎蔵の機能が低下していると、尿の中に排出されずに血液中に蓄積するため、クレアチニン値を調べることで、腎臓に異常があるかどうかがわかる。

治療の基本は、薬物療法による血圧コントロールと食事療法。薬はACE阻害薬とARB(アンジオテンシンII(ツー)受容体拮抗(きっこう)薬)のどちらかが用いられることが多い。これらの薬には、血圧を下げる働きのほか、腎臓の保護や尿中のタンパクを減らす作用がある。生活習慣の改善は、肥満の解消、食事の塩分とタンパク質をひかえる、禁煙する、など。

最終的に、腎臓の働きが健常者の5~10%程度にまで低下し、末期腎不全に陥ると人工透析が必要になる。「人工透析」とは、血液を機械により浄化することで、血液の中の老廃物を取り除く治療方法。腹膜透析と血液透析の2種類がある。他方、唯一の根本的治療法である腎移植は、免疫抑制剤の進歩に後押しされ、近年受ける人が増えている。

ドクター・病院選びのポイント

1)腹膜透析が受けられる
2)生活改善や食事療法の指導をきちんと行っている
3)腎移植について、理解できるように説明している
など、治療の選択肢を不足なく提示しているかどうかは重要。日本腎臓学会が認定している腎臓専門医の名簿も要チェック。


◆日本腎臓学会 ⇒

監修

小松康宏医師:聖路加国際病院 非常勤医