ドクターズガイド

病気の解説

子宮筋腫・子宮内膜症

病気・症状

子宮筋腫も子宮内膜症も、共に子宮の良性疾患。子宮筋腫は良性腫瘍で、自覚症状が少ないため、婦人科検診で見つかる場合が多い。主な症状は、月経痛や月経血量の増加で、貧血症状がでることもある。内腔に発育する粘膜下筋腫では小さくても症状が強くでる。また、筋腫が大きくなると腹部膨満、頻尿、便秘などの圧迫症状や血栓を引き起こす。その発生・増大は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量と深い関係があり、月経のある間は大きくなり、閉経すると小さくなる。一方、子宮内膜症は、子宮内腔にある内膜組織が、それ以外の子宮筋層や卵巣、腹膜、腸などに発生する病気。月経のたびに月経血が腹腔内に漏れ出し、患者の多くは月経痛、腹痛に苦しむ。不妊の原因になり、がん化することもある。

検査・治療

子宮筋腫や内膜症の診断は問診、内診、超音波検査、MRI検査で行い、急速に増大する場合、子宮肉腫や卵巣腫瘍との鑑別を要する。

子宮筋腫の治療には、薬物療法と手術療法があるが、無症状の場合は経過観察となり、治療が必要になるのは数%に過ぎない。治療法の選択は筋腫の状態・位置・数・今後妊娠を希望するかどうか、などを考慮して決定する。痛みがある場合にはプロスタグランジン合成阻害薬という痛み止めを用いる。この薬は痛みが強くなる前に早めに服用するとより効果的である。手術には筋腫のみを摘出する筋腫核出術と子宮を摘出する単純子宮全摘術があり、それぞれ開腹または腹腔鏡を用いた手術がある。どの術式を行うかは筋腫の大きさや数などを考慮して決定する。粘膜下筋腫は子宮鏡下で切除する。動脈塞栓術は子宮があまり大きくなく、閉経に近い方や手術後に再発し、再度手術をしたくない方に向いている。しかし、動脈塞栓術後に卵巣機能が悪くなる場合もあるため、これから妊娠される方の治療には向かない。その他、保険適用ではないが、集束超音波療法などもある。

子宮内膜症も薬物療法、手術療法などがあり、手術は低侵襲な腹腔鏡下手術が主流。薬物療法では低用量ピル、黄体ホルモン、GnRHアゴニストなどを用いる。

ドクター・病院選びのポイント

年齢や挙児希望の有無、不妊治療など患者の状態、ライフサイクルなどを考慮して治療法を選択し、治療のむずかしい場合は適切な病院を紹介してくれる医師を選ぶこと。治療法の選択に迷った時は、遠慮せずにセカンドオピニオンを受けるようにしよう。実際、受診先によって、全く異なる治療法を提示されるケースもある。

監修

竹田 省医師:順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科・婦人科科長 産婦人科講座教授