ドクターズガイド

話題のキーワード

misonoの夫、精巣がんで闘病生活

歌手のmisono(34歳)さんの夫でロックバンドHighsidE(ハイサイド)のドラマーNosuke(29歳)さんが精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中とのこと。精巣がんによる胚細胞腫瘍は10万人に1人という希少がんである。Nosukeさんは自身のブログで左睾丸の摘出手術を受けたことを報告している。

精巣がんによる胚細胞腫瘍とは、一般的には精巣に発生する腫瘍の総称。良性腫瘍や悪性リンパ腫などもあるが、90~95%が悪性であるとされる。若年男性に多いのが特徴。多くの場合、初発症状は陰のう内の無痛性腫瘤や硬結(柔らかい組織が、炎症やうっ血、充血などで硬くなること)で気づくことが多い。腫瘍の進行度は比較的早いために、お腹の中に転移したリンパ節が大きくなり、腹痛、腰背部痛などや、肺に転移した腫瘍の症状である咳嗽や血痰などの症状が認められることもある。早期であれば、精巣の摘出だけで終わるが、他に転移していれば、抗がん剤が投与されたり、転移したリンパ節の切除、放射線の照射などが行われる。腫瘍の進行は比較的早いが、転移があったとしても抗がん剤がよく効くためかなり進行していても70~80%の割合で治癒が望める。一つ睾丸を摘出しても片側の精巣が残っていれば子供を作ることも可能。


(2018.12.21.)



前立腺がん関連情報はこちら⇒

これまでの記事→