ドクターズガイド

話題のキーワード

血液1滴でがん早期発見へ

血液1滴で13種類(胃がん・乳がん・大腸がん・卵巣がん・食道がん・前立腺がん・膵臓がん・膀胱がん・肝臓がん・骨軟部腫瘍・胆道がん・神経膠腫・肺がん)のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始めるとのこと(国立がん研究センター)。早ければ3年以内に事業化の申請を行う予定。複数の種類のがんを一度に早期発見できる検査法は始めて。細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用する。

国立がん研究センターや東レなどが、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房、肺、胃、大腸、食道、肝臓、膵臓などのがんで、固有のマイクロRNAを特定したと言う。がんのステージが比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断との報告。近い将来、血液1滴でがんの早期発見が可能となれば、がんによる死亡率は減少するであろう。しかし、どのような形でこの検査が受けられるようになるのか価格なども含め今後に期待したい。


(2017.07.25.)



婦人科がんの関連情報はこちら⇒

これまでの記事→