ドクターズガイド

話題のキーワード

石黒修さん腎盂がんで死去

日本テニス界戦後初めてプロ選手として活躍した石黒修さん(享年80)が9日腎盂(じんう)がんのため死去。俳優:石黒賢さん(50)の父である。修さんは2013年頃、がんが見つかり腎臓摘出手術を受けて1度は回復したが、今春に再発。肺、肝臓、脳に転移していることが分かった3年間の闘病生活を送り亡くなった。

修氏は、1972年日本プロテニス協会を創設し、初代理事長となるなど、日本テニス界の国際化に尽力した人物である。


(2016.11.15.)



これまでの記事→