ドクターズガイド

話題のキーワード

毎日笑って健康に

日常生活で毎日のように笑う高齢者に比べ、ほとんど笑わない高齢者は脳卒中なった経験がある割合が1.6倍、心臓病の割合が1.2倍と高い数値であることが調査の結果わかった(東京大らの研究チームが発表)。特に笑わない高齢女性は危ないと言う。研究チームによると、65歳以上の男女に毎日の笑いの頻度、持病などを調査し、回答のあった2万934人を対象に、笑いと脳卒中などの関係を分析したが、過去に脳卒中になったり闘病中だったりする人の割合が1.95倍、心臓病になっている人が1.41倍と笑わない女性は高かった。また、男性は脳卒中が1.47倍、心臓病が1.11倍だった。月に数回(1~3回)笑う人は、ほぼ毎日笑う人に比べ、脳卒中が1.27倍、心疾患は1.18倍。高齢者の一人暮らしなどで、他人とあまり会話を持たずTVもほとんど見ない人は、笑うことを忘れてしまっているのかもしれない。一人でクスクス笑っていたら頭がおかしくなったのでは??と勘違いされるかもしれないが、健康のためにも常に笑顔を忘れないようにしよう。常に笑うよう心がけよう。

松竹芸能(大阪市)が都市再生機構(UR、横浜市)と共同で「笑い」のある健康増進事業を手がけている。松竹芸能に所属している芸人やタレントが団地暮らしのお年寄りに向けた、落語や体操をする健康教室を開催している。このような運動が全国的に広がっていけば孤独な高齢者の助けにもつながるのであろう。


(2016.03.17.)



これまでの記事→