ドクターズガイド

話題のキーワード

徳永英明さん「もやもや病」で手術

歌手:徳永英明さん(55歳)は、2001年5月新潟県で行われたコンサート中に、突然音程を外し歌詞が出てこなくなりその場にしゃがみこんだと言う。その後、もやもや病と診断され休養と治療の為、翌日以降のツアーはすべてキャンセルとなった。新潟で倒れる前から自覚症状が現れていたが医師の診断は「過労」とのことだった。2002年11月より復帰し、全国展開でコンサート活動を行っていたが、今年2月上旬に体調不良を訴え、医師の診察を受けた結果、またも「もやもや病」と診断された。今回はもやもや病とともに脳梗塞を起こす恐れがあるとのことで左複合バイパス手術を受け無事成功した。3月中はリハビリなどを行い4月から活動を再開する予定。

もやもや病とは、脳に走っている太い血管がなんらかの原因で詰まって働きが悪くなり、それを補うように周りの細い血管が発達していく病気。脳血管障害の一種で、細かい血管がタバコの煙のようにもやもやとした感じに見えることからもやもや病と呼ばれる。原因は不明、病気を発症するきっかけには大声で笑う・歌う、激しく泣く、過呼吸などが挙げられる。もやもや病は5歳前後の小児期か30~50代の成人に発症することが多く言葉を上手く話せなくなる、手足のしびれ、手足の脱力感、視力の低下、色彩感覚が鈍くなるなどの比較的軽い症状から下半身の麻痺、歩行障害、不随意運動など重度な症状になることもある。


(2016.03.04.)



これまでの記事→