ドクターズガイド

話題のキーワード

幼稚園で園児11人が赤痢感染

葛飾区の幼稚園で、園児11人が赤痢に感染していたとのこと。今年に入り東京都内で2例目の発生、集団赤痢となる。

今年10月に目黒区の保育園で園児ら21人が赤痢に集団感染。 11月18日、葛飾区内の幼稚園に通う4歳の男子が下痢などの症状を訴え病院を受診、赤痢と診断された。その後、3歳から6歳の11人の園児が細菌性の赤痢に感染し、下痢や腹痛などの症状を訴えた。いずれも軽症とのこと。感染経路は不明、園で提供された給食からは赤痢菌は検出されなかった。園児同士の接触や不十分なトイレの処理などが原因とみられる。東京都では注意を呼びかけている。

赤痢とは、赤痢菌・赤痢アメーバが飲食物について大腸にはいり、腸粘膜をおかして激しい下痢を起こし血便を出す病気。症状は、潜伏期1~3日で発症し、全身の倦怠感、悪寒を伴う急激な発熱、水様性下痢。細菌性赤痢の主な感染源はヒト。患者や保菌者の糞便、それらに汚染された手指、食品、水、ハエ、器物を介して直接、あるいは間接的に感染する。


(2018.12.07.)



感染症関連情報はこちら⇒

これまでの記事→