ドクターズガイド

話題のキーワード

声優の梅原裕一郎さん入院

アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ゴロー役など多くのアニメ作品に出演のイケメン声優と話題になっている梅原裕一郎(27歳)さんが【急性散在性脳脊髄炎】のため入院し療養中とのこと。所属事務所の公式サイトで発表された。仕事は当分休業し治療・リハビリに専念する。

急性散在性脳脊髄炎(きゅうせいさんざいせいのうせきずいえん)とはどんな病気か。神経に障害をおこしやすい予防接種や感染症の後におこることが多い。例えば、麻疹、風疹、水痘、伝染性単核症などにかかった後やインフルエンザ、狂犬病、ポリオなどの予防接種後の2~15日頃に発症する。発熱、頭重、全身の倦怠感、嘔吐などの症状が出て1~2日後に神経症状が現われる。神経症状は個人差があり、様々な症状となって現れる。例えば、頭痛、不眠、全身痙攣、意識障害、半身不随、言語障害、失禁など。ほとんどの場合、数週間後に症状がおさまり、回復するが、まれに症状が再発したり、重症となって死亡するケースもある。


(2018.05.11.)



感染症の関連情報はこちら⇒

これまでの記事→