ドクターズガイド

話題のキーワード

俳優の渡瀬恒彦さん胆のうがんに

俳優:渡瀬恒彦さん(71歳)が、がんで闘病していたことが分かった。昨年夏から秋にかけて体調不良で都内の病院に入院し検査を受けた結果、胆のうに悪性腫瘍が見つかったとのこと。仕事を休み5カ月間に渡り、抗がん剤投与と放射線治療を受けていた。治療経過は順調で、仕事に復帰している。また、兄の俳優:渡哲也さん(74歳)も、昨年6月に急性心筋梗塞で緊急入院していた。手術は成功し約1カ月で退院して仕事に復帰している。

胆のうがんとは、胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍で、女性や60歳以上の高齢者に多い。沈黙の臓器と言われる肝臓、初期の胆のうがんは症状が現れないことが多いか、多少の全身倦怠感や食欲不振、疲れやすさなど風邪に似た症状が出るため、がんの中でも発見が遅れやすい。


(2016.05.27.)



これまでの記事→