ドクターズガイド

話題のキーワード

今井雅之さん、大腸がんで死去

◆4月に末期がんを公表し、闘病していた俳優の今井雅之(54歳)さんが28日午前3時5分、大腸がんのため東京都内の病院で死去した。主演舞台「THE WINDS OF GOD」の降板会見から28日目だった。転院を重ね6つ目の入院先で容体が急変したとのこと。
 元自衛隊員の今井さんは、過去に病院にかかったのは骨折した時だというぐらい体に自信があった。定期の健康診断も受けていなかった。昨年夏頃、体調を崩し都内の病院を受診した際は、腸の風邪のようなものと診断を受けたがその後も違和感は残り、兵庫県内の病院で精密検査を受け大腸に大きな腫瘍が複数見つかった。医師からはステージ4の末期がんと宣告を受けた。昨年11月に開腹手術で大腸の一部を摘出したがその後、転移した箇所が複数見つかり、抗がん剤治療を始めたが今年1月、副作用が強く中断し免疫療法や食事療法に切り替えた。最後は痛みを和らげるモルヒネも効果がなく激痛にたえながら2~3日の昏睡状態が続き息を引き取ったと言う。

【大腸がん】は、多くは腺腫と呼ばれる良性の腫瘍が悪性化して発生する。日本でも食生活の欧米化により増加傾向にあり、発生頻度は高齢ほど高く、特に男性に多いとされる。血便、便秘や下痢、腹痛、腹部膨満、貧血などが主な症状となる。早期発見で内視鏡手術や外科療法により完治は可能。進行した場合でも手術可能な時期であれば、他の臓器へ転移しても外科療法で治すことも可能とされる。


(2015.05.29.)



これまでの記事→