ドクターズガイド

話題のキーワード

ネプチューン名倉ヘルニアで休養

ネプチューンの名倉潤(49歳)さんが頚椎椎間板ヘルニアを発症し、6月末に手術を受け、治療のため約2週間休養するとのこと。

慢性的な首の痛みがあり病院を受診したところ、頚椎椎間板ヘルニアと診断を受けた。今後は内服薬での治療に専念する。

頚椎椎間板ヘルニアとは、頚椎には、頚髄(脊髄)と言う神経組織が通っており、脳から手や肩に向けて送られる信号は全てこの頚髄(脊髄)を通して届けられる。各頚椎の間には椎間板と言う組織があり、上下の頚椎を支えるクッションの働きをしている。この椎間板が破れて各神経を圧迫するのが頚椎椎間板ヘルニアである。原因の1つには、老化による機能低下が考えられ、頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、組織の中で最も早く老化が起こるとされる。


(2018.07.10.)



腰椎椎間板ヘルニアの関連情報はこちら⇒

これまでの記事→